千葉県船橋市-千代田区神田,大手町のカウンセリング・ヒーリングサロン【スターシード】

ホーム » 不安感

不安感

ヒプノ・セラピー

前世や幼児期に退行し、問題の根本原因を解消。

ヒプノ・セラピーとは、「退行催眠療法」のこと。
耳慣れない言葉ですけれど、アメリカのブライアン・ワイス博士の『前世療法』という本で一躍有名になりましたよね。(前世という言葉も今ではずいぶん一般的に使われるようになりました。)

 ヒプノの語源はヒプノシス=「催眠」と言う意味です。ヒプノ・セラピーでは、この催眠状態を通じて、潜在意識に直接働きかけていきます。それによって、心の問題・健康の問題・悩み事などの根本原因を、普段は意識することのない潜在意識の中から探り出すのです。

 人は誰でも一日に何度もそれとは気づかず催眠状態へ入っています。たとえば眠りに入る直前、あるいは朝起きてボーっとしているときなど。なんとなく周りの音も聞こえては来るけれど、意識もちゃんとあるのだけれども、なんだか反応するのは面倒で気持ち良いような…、そんな状態が催眠状態です。そして意識せずに入る催眠状態を「自然催眠」と呼びます。

それに対してヒプノ・セラピーでは、セラピストが誘導してイメージで体をリラックスさせ、人工的に自然催眠と同じような状態にもっていきます。これが「人工催眠」です。

でも、これはクライアントの協力があってできること。目を閉じてもらい、セラピストの声に耳を傾け、その言葉通りにイメージを思い浮かべてもらう…そういった協力があってこそ。ですから、クライアントが望まない場合は催眠状態へは入れません。

「催眠時に思うままに操られたりするのではないか」という不安もお聞きしますが、ヒプノ・セラピーでは、クライアントは催眠下でもはっきりした意識を持ち続けます。テレビなどで見る催眠術とは違い、セラピストに思うがままに操られるということは絶対にありません。ですので、安心してセッションを受けていただくことができます。

ヒプノセラピーが有効な場合

ヒプノ・セラピーは様々な問題に効果的に働きます。
たとえば以下のような場合に有効です。

  • 恋の悩み、恋愛における心の不安を緩和
  • 人間関係がうまくいかない
  • なぜか同じような失敗・パターンを繰り返してしまう
  • 結婚したいのになかなか結婚にまで至らない。あるいは結婚が見えてくるとなぜか先に進めないなど
  • 男性・女性とうまくコミュニケーションできない
  • 父親・母親・兄弟などが嫌い、どうしても許せないなど
  • 人前で過度に緊張する、あがってしまう
  • 周囲に対していつも怒りの気持ちがある
  • 自分自身が嫌い・許せない、いつも罪悪感を持っている
  • 神経質過ぎる自分に悩んでいる
  • 将来にとても不安を感じる、常に不安感がある
  • 体調不良
      病気の心的原因を探る
     (医療に代わるものではありません。あくまでも医師の指示に従ってください)
  • どうしても食べ過ぎてしまう。
      あるいは食べることに罪悪感がある   …など

リコネクティブ・ヒーリング

アメリカのエリック・パール博士が受け取った全く新しいヒーリングです。

リコネクティブ周波数を使い、宇宙の豊かさ・完全さと再結合することで、受け取る方にとってその時に必要なエネルギー・癒しを受け取ります。その有効性はアメリカの大学機関などでも調査されています。 

その人にその時に必要なエネルギーが流れ、その人に必要な癒しや変化が起こるので、その効果は人によって様々です。身体的症状の改善や、不安感がなくなり大きな安心感を得る方、本来の自分自身のエネルギーを取り戻し心軽く人生を歩み始める方、人生の中での物事の進み方・展開が加速していく方、心の悩みが軽くなる方、などなど。 

ですから、受けてみるまでその効果がどこに作用するかは分かりません。

私自身はこのリコネクティブで、今まで手放せなかったものをすっきり手放せましたし、

体調面での変化も大きかったです。 

そしてこのリコネクティブ・ヒーリングの特徴は、受けた直後だけでなくその癒しや変化が継続していくことです。セッションを受けてしばらくたっても、さらに変化が進んでいることに、時間がたって振り返ってみたときに実感するでしょう。 

リコネクティブ・ヒーリングの活用方法

エリック・パール博士のセミナーでは、リコネクティブ・ヒーリングはできれば3回は受けることが勧められています。1回1回変化が進み、3回で必要な流れがほぼ完了するようです。 

1回で大きな癒しが起こり、必要な気づきを受け取り状況が改善する方もいらっしゃいますし、2回目でそれが起こる方もいらっしゃいます。必要と感じるならば4回以上受けても全く問題はありません。そして数ヶ月たってまた改善したい問題が浮上した場合に、また改めて1~3回受けるというような利用の仕方がいいかと思います。

カー・システム

母に対する気持ちの変化にびっくり!巨大な恐怖がスルッとなくなった

リコネクティブ・ヒーリング3回とカー・システムの個人と家族間の全カルマ解除、そしてリコネクションなどの施術でお世話になりました。変化がとても大きかったので、報告させていただきます。…

→続きを読む

 家族のカルマ解除で、家族との関係も改善

全カルマ解除には以前から興味がありました。私は既にレイキのアチューメントを受けており、自分の中ではかなり意識改革が進んでいると思っていました。しかし私の心の中にはまだまだ問題が山積みでした。…

→続きを読む

 ヒーリングと全カルマ解除で自分本来のエネルギーを取り戻す

私は、都内在住の29歳女性です。今回、とても不思議な体験をしたので聞いてください。私は、現在看護職をしています。今の職場は、とてもハードで入職当時はやりがいと使命感に燃えていました。…

→続きを読む

 カルマ解除でネガティブ思考に変化が

全カルマ解除を受けた人から「背負ってた荷物をおろした感じ」「とっても楽になった」と聞いて、私も受けてみました。幼少時より超ネガティブ思考で、神経質、特に病気や怪我に対する不安感が人一倍強く、それをどうにかしたかったのです。…

→続きを読む

 その人本来の姿に戻るきっかけを作ってくれるカルマ解除

全カルマ解除を受けてすぐに変化が現れました。初めの1週間は毎日が変化の連続でした。その中でも一番印象に残っているのが、いつもと違う行動、言動を自然にしていて、後からいつもとは違う対応をしたと気づくのです。今まででは考えられないような事を自然としている自分がいるのに気がつきました。…

→続きを読む

 全カルマ解除で性格も変わる?

「全カルマ解除!そんなこと本当にあるのかしら。できるのかしら」と言う気持ちが正直ありました。でも、心底自分自身が変わりたい!と思っていましたので受けてみることに。受ける前に、「もしカルマのみのつながり・関係である場合は縁が切れる事もありますけどいいですか?」と確認され、苦しい恋愛関係に終止符を打ちたいと思っていたので、「いいです」と答えました。…

→続きを読む

シータヒーリングで様々な気づきが

30代女性

シータヒーリングで様々な気づきが(1)

先生、先日はシータヒーリングをありがとうございました。

 昨夜いつもはベッドで過ごしている私が、居間のソファーへ座って当たり前のようにテレビを視ていることに驚きました。テレビなんて、ここしばらく視る気持ちになれなかったのに……。

さらにその後、しばらく入っていなかったお風呂にも入ることができました。

「私の求めていた独身女性の生活はこれだったのよ!」とハッとしました。

 ただ、今日はものすごい眠気と、イライラ感や不安感、頭痛などがきましたが、好転反応なのでしょうか。好転反応なら安心して過ぎ去るのを待つだけなのですが、少し気になったのでメールさせていただきました。

セラピスト・山田真由美より

シータヒーリングは、好転反応は出にくいとは言いますが、やはり人によって今まで押さえつけていた感情が上がってくることがあります。どれほどご自分がそれらの感情に蓋をして、深いところに押し込めてきたか。。。それを感じる必要があるのかもしれませんね。

 そういった感情を押し殺し、どれほど自分が我慢してきたのか。

それを感じ考えることで、さらなる学びがある。と感じます。

そして、その後で前へと自分の足で前進する。そんな感じがいたします。

 シータヒーリングで様々な気づきが(2)

先生、私はおそらく先生に、「それは好転反応よ!」と言ってほしかったんだと思います。

「好転反応なら、その後の自分は今までより良くなるのね。」と安心したくて。。。

感情面で、イライラ感がすごく出てきているのですが、先生がおっしゃった「怒りの感情に蓋をすると、相手がますます憎くなる」と言う言葉が、経験上、ものすごく納得できるものでしたので、怒りの感情は一人で出すようにしています。

今まで、どれだけ私は怒らないように自分を抑えていたのか…出るわ出るわ、ベッドをけったりしてしまうほどです。今朝も母と喧嘩をしてしまったのですが…。途中、私と母とは鏡であることにハッと気づかされました。

今まで母だけを「困った親だ」という目で観ていましたが、私と母、とっても良く似ていて、お互いがお互いに寄りかかっている…。お互いに支えてほしいと思っている…。そして母は「親なんだから頑張らなきゃ、○○しなきゃ」って、すごく自分を頑張らせすぎている。。。この人にはたとえ喧嘩という状況でも、吐くだけ吐き出させたほうが、彼女の心のためにいいかも…。後で「ごめんね」って言えば済む二人だし。そんな発見もあったのです。

父親、弟や、今までどう頑張っても許すことができなかった人に対しても、これからの様々な気づきがあるのでしょうね。「なぜ?」「どうして?」と自分に問いかけてみたりしながら、探索していくのも楽しそうですね。

なんだか肩の力が抜けた気がして…これからの自分が楽しみになります。

またご報告させてください。

セラピスト・山田真由美より

ものすごく大きな気づきですね。たった一回のセッションでここまで気づくことができたのは素晴らしいことです。気づくことで人は変わることができます。気づくことが一番最初の入り口なのです。あとはどんどん進んで身軽になっていきましょうね。

そう、なぜ?どうして?と自分を探索すること。

そして自分の中の様々な要素に自ら気づくこと。それが大きな変化の第一歩です。

カルマ解除でネガティブ思考に変化が

20代女性

全カルマ解除を受けた人から「背負ってた荷物をおろした感じ」「とっても楽になった」と聞いて、私も受けてみました。

幼少時より超ネガティブ思考で、神経質、特に病気や怪我に対する不安感が人一倍強く、それをどうにかしたかったのです。

カウンセリングの際に母親との関係に起因していると指摘され、自分自身もその自覚は充分あったのですが、頭で分かっていてもどうしようもできなかったのが現実でした。

全カルマ解除を受けた直後は、好転反応でしょうか、私の場合は1ヵ月ほど蕁麻疹(じんましん)が出たり、身体のあちこちが痛くなったりし、一時的に感情の起伏も激しくなったりもしました。

現在は3ヵ月ほど経って体調も落ち着き、以前とは違って母親との関係を客観的に捉えることができる自分になってきています。

また、先日誤ってサプリメントの中に入っていた丸い乾燥剤を一緒に飲んでしまったという出来事があったのですが、以前の私なら大騒ぎになるところ、「まあ、大丈夫だよね~」と不思議と全く気にならない自分に、確実な変化を感じました。

 このセッションでは、初回の全カルマ解除後もその時々で最適なワークを選んで受けられるので、私の場合は夫との関係を考えるのに途中でタロットを使ってみたり、父親が急に原因不明の体調不良になった際には、家の浄化をしてもらって元気を取り戻せたりと、総合的に対応してもらえるのも助かりました。

 

USPT(潜在意識下のインナーチャイルドの統合)

USPTとは

USPTとはUnification of Subconscious Personalities by Tapping-therapy

「タッピングを用いた潜在意識下人格の統合」の略称です。

USPTとは早稲田通り心のクリニック院長の小栗康平先生が発案した、タッピングにより解離した人格を引出し統合するという手法で、2007年第103回日本精神神経学会で発表されました。

 

当初は解離性同一性障害(いわゆる多重人格と言われるものですね)の治療に使われていました。解離性同一性障害は交代人格が出現している時の記憶がないことが特徴です。

しかしある時、解離性同一性障害ではないが幼少期になんらかの問題を抱えている人に試したところ、多くの交代人格が出現し、それを統合すると、内面的な気づき が促され,さらに,苦痛を伴う過去の感情から自由になることにより患者の気分を即効的に楽にすることができるということが分かったそうです。

そして解離性同一性障害(多重人格)とは別に潜在意識下での人格解離ということで、これを内在性解離と呼ぶことにしたそうです。

 

潜在的な生きづらさをずっと抱えて生きているような人にはこの内在性解離を抱えている人が多いと言われています。

 

人は、特に幼い時に自分では受け止めきれないような辛い苦しい体験や怖い体験をすると、心の中に「もう一人の私」を作り出し、その人格にその時の辛さや苦しさ怖さを背負わせ、それを潜在意識下に封じ込んでしまいます。これがいわゆる「解離」という心理的状態です。その解離し潜在意識化に封じ込まれた人格は、当時の辛さ苦しさ怖さを当時のまま抱えており、その辛さは何十年たっても風化することはありません。

そしてその辛さを呼び覚ますような過去と類似した体験をすると、その辛い感情が一気に吹き出し、自分でもコントロールできなくなってしまうのです。

 

例えば、目の前で起こっている出来事自体はたいしたことでなくても、それを引き金にずっと封じ込めていた感情が揺さぶられ、ドーンッと爆発し自分でもどうにも出来なくなると言った感じです。

 

この「もう一人の私」に背負わせ潜在意識下に抑え込んできた辛い感情が、今実際に生活している自分自身にどれほど大きなマイナスの影響を与えていることか。これが無意識のうちに自分の生活にも人間関係にも、自分の能力を発揮することにも大きな制限をかけ、生き辛さを感じているわけです。

 

過去の辛い体験や経験 (トラウマ)がどうしても忘れられない、ずっと前の事なのに思い出すと涙が止まらない、なんだかいつも不安や寂しさを抱えている場合は、心の中で解離した人格が、当時の辛い感情を発信しているのです。心の中で解離した人格というよりも痛みや傷を抱えたインナーチャイルドと言った方が分かりやすいかもしれません。

 

人の心の中には生まれた時にできる「基本人格」(本当の自分)、受け止めきれないほどの辛さを体験した時にできる「交代人格」、定期的に表に出ている時間が最も長い「主人格」という3つの人格があるとされています。

 

たいがいの人が「自分」と認識しているのは、本当の自分ではなく生き残るために身に付けてきた「自分」です。人が自分の欲求を素直に表現するのは赤ちゃんの時くらいでしょうか。2歳にもなると、こんなことをするとお父さんやお母さんが怒るんだな。嫌な顔をするんだな。と学び始めます。子供は親に受け入れてもらえなければ生きていくことが出来ませんから、親に受け入れてもらえる自分をつくり出します。生き残るために。

そして幼稚園や学校に行けば、親だけでなくお友達や先生に受け入れてもらえる自分。社会へ出れば、上司に同僚に組織に受け入れてもらえる自分をつくり上げていきます。やはり生き残るために。これが主人格と言われるものです。

 

「基本人格」(本当の自分)は生き残るために身に付けてきた主人格の陰に隠れているような状態で、普段は目を向けてもらうこともあまりありません。

 

そして皆に受け入れてもらえる自分をつくり上げるために、自分の苦しさ辛さを「もう一人の私」、「交代人格」の私に押し付け封じ込んでしまう。これが自分の心の中で解離した人格(インナーチャイルド)ですね。

 

その解離した人格(インナーチャイルド)を潜在意識下で統合する手法が「USPT(潜在意識下の人格統合」です。

 

自分では意識していない潜在意識下での人格解離は、実は珍しいことではありません。むしろ全く解離していないと言う人の方が少ないのではないかと思います。

 

よく辛かった時の気持ちを聞かれて、「辛かったと思います。」「悲しかったと思います。」と、自分の気持ちを○○だったと思います。と他人事のように話す人も多いのですが、これも辛い気持ちを解離した人格(インナーチャイルド)に背負ってもらっているので、自分では実感として感じられていない一例です。

この場合、自分の意識では辛さを感じずに済むのですが、その辛さは潜在意識の中でなくなることはなく、何かきっかけがあるごとにその辛さ、悲しみや怒りがあふれ出て来てしまいコントロールできなくなってしまうのです。そしてもう一つ問題なのが、このようにして辛い気持ちを解離した人格に押し付け潜在意識下に押し込めていると、嬉しい楽しいといったポジティブな感情を感じることも難しくなってしまう事です。

どんなに自分ではポジティブな方向へ意識を向けようとしても、辛い気持ちを背負っている解離した人格(インナーチャイルド)がネガティブな方向へ足を引っ張ってしまうのです。

 

心の中で「自問自答」や「脳内会議」を頻繁に行っていることが多いのならば、心の中の「解離した人格」と会話しているのかもしれません。

 

多くのクライアントにこのUSPTを行ってきましたが、幼少期において辛い経験をしてきた人達、親子関係に問題を抱えている人達に特に効果が大きいと感じます。

幼少期においては両親はある意味神のような存在です。両親がありのままの自分を受け入れ認め愛してくれていたのなら問題はないのですが、親が支配的であったり否定的であったり、逆に依存的であったり過度の期待をかけたりということがあると子供は親に受け入れてもらうために自分の本当の気持ち、辛さや苦しさに蓋をし必死に親に受け入れられる自分をつくり上げていきます。でもそのような未熟な親を満足させることは難しいことです。そして親を満足させられない自分に対し大きな罪悪感や怒りを無意識に抱え込んでいくことになります。これがその後何十年に渡る自己否定感や自信のなさにつながっていくのです。

 

私自身、親との問題を抱え、それに向き合い何十年も取り組んできました。何十年も抱え込んでいたものですからそれを解決し抱え込んだ感情を解放するにもそれ相応の時間がかかりました。ずいぶん楽になった部分もありました。

 

でもこのUSPTを教えてもらう課程で私自身もUSPTを体験し、正直に言えば直後は「こんなことで本当に何か変わるの???」と言った感じだったのですが、びっくりするほど大きく変わったのです。最後の最後まで許せなかったものがスルッと許せたのです。これは本当に大きな変化でした。

 

その後も多くのクライアントにこのUSPTを行って来て、私のように親子関係に問題を抱えている人達に大きな効果があることが分かりました。

同じような苦しみを抱えている人達が、このUSPTを通して楽になり本当の自分を取り戻して生きていって欲しいと思います。

 

以下に小栗康平先生の著書「人格解離」から内在性解離があるかどうかのチェックリストを引用します

 

内在性解離評価スケール

よくある=a(3点)、ときどきある=b(2点)、少しある=c(2点)、またくない=d(0点)

1. 記憶があいまいになる

2. 記憶が抜ける

3. その場と関係のない感情、たとえばイライラや不安などが湧いてくる

4. 憂鬱な気分である

5. 死にたいと思う事がある

6. 漠然とした不安感がある

7. イライラ感がある

8. あとで、何であんなに怒ってしまたんだろう、何であんなに泣いてしまったんだろう、と後悔することがある

9. 怒った時には、その場の怒りだけでなく、過去の怒りまで同時に出てくる

10.    悲しい時には、その場の悲しみだけでなく、過去の悲しみまで同時に出てくる

11.    自問自答をしている

12.    脳内会議をしている

13.    決断は容易には出来ない(優柔不断である)

14.    自分の中に別の自分がいる感じがする

15.    自分に話しかける声がする

16.    過去にとらわれやすい

17.    状況によってモードの切り替えをする。たとえば仕事モードなど

18.    苦しみ、悲しみなどは時間が癒してくれない

19.    まわりの世界が自分がいる世界とは距離がある感じがする(リアルに感じない)

20.    自分というもの(性格)がよく分からない

 

0~10点 解離の可能性が低い

11~20点 解離の可能性がある

21~30点 解離の可能性が高い

31~40点 解離の可能性が非常に高い

41点以上 多重人格の可能性が高い

タグ:

自分  変化  感情  本当  効果  解放  潜在意識  問題  インナーチャイルド  気持  意味  体験  障害  ネガティブ  意識  出来  人間関係  仕事  子供  不安  イライラ  自分自身  状態  時間  トラウマ  解離  人間  USPT  クライアント  経験  記憶  関係  治療  影響  状況  タッピング  実感  部分  可能  過去  不安感  存在  方向  自身  両親  人格  性格  罪悪感  マイナス  内在性解離  出来事  解決  特徴  最後  精神  解離性同一性障害  先生  実際  手法  定期的  自信  私自身  生活  可能性  親子関係  能力  同時  統合  認識  小栗康平  潜在意識下  世界  他人  人達  無意識  USPT  神経  正直  インナー  チャイルド  会話  内在性  背負  以下  スルッ  多重人格  チェック  幼少期  コントロール  期待  後悔  親子  依存  内面  気分  人格解離  自由  交代人格  学校  素直  脳内会議  直後  小栗  内在  以上  一気  友達  非常  表現  普段  ポジティブ  自己  当時  リスト  過度  何十年  満足  漠然  幼稚園  必死  苦痛  解離性  発揮  評価  社会  否定的  基本人格  主人格  小栗康平先生  内面的  クリニック  自己否定  人格統合  早稲田通  日本  当初  同僚  潜在的  チェックリスト  距離  即効  優柔不断  制限  出現  内在性解離評価  主人  自問自答  決断  組織  スケール  支配  リアル  心理  モード  ドーン  著書  ピン  基本 

電話番号 千葉県船橋市-千代田区神田,大手町のカウンセリング・ヒーリングサロン【スターシード】お問い合わせ