千葉県船橋市-千代田区神田,大手町のカウンセリング・ヒーリングサロン【スターシード】

ホーム » 表現

表現

シータヒーリングの始まりと特徴

 シータヒーリングの始まり

1995年、自然療法士、マッサージセラピスト、サイキック・リーダーとして活躍していたヴァイアナ・スタイバル女史は、自分のリーディングのテクニックが瞬時のヒーリングをもたらす力があることを発見しました。

その頃、3人の幼い子供の母親でもあったヴァイアナは、癌により右足大腿骨が速いスピードで破壊されていました。一般的な医療や代替医療を含めて様々な治療を行いましたが、すべて失敗しました。そのとき、自分がリーディングで使っていたシンプルなテクニックでヒーリングもできることを発見したのです。彼女の足は瞬時に癒されました。

そして、個人セッションやセミナーにおいても、このヒーリングのテクニックを使い始めました。なぜ効果があるのかを理解するために、ある物理学者に頼んで検査してみたところ、このシンプルなテクニックは脳波がシータ波になるという特徴があることがわかりました。そしてこのテクニックを何年も続けていくうちに、ヒーリングが瞬時に起こるときには脳波がシータ波とガンマ波を使っていることに確信を持ちました。

何千人ものクライアントに相対するにつれ、このテクニックはすべての中にある創造エネルギーにつながるということに加えて、これによって病気に関連する思考パターンや感情を瞬時に変えていけることも発見していきました。

そして最も大きな発見は、このテクニックは他の誰にでも教えることができるということでした。シータヒーリングの開発者であるヴァイアナは、このテクニックを何千人もの人々に教えてきました。シータヒーリングを学ぶクラスを開催することができる人々も多数、育成してきました。

シータヒーリングは、あなたにとって人生における驚くべき経験となるでしょう。

(シータヒーリング・ジャパンの公式サイトより一部抜粋)

シータヒーリングの特徴

シータヒーリングは人の思考パターンと感覚・感情に関するワークで良く知られています。
それらは4つのレベル―思考の中心レベル、遺伝的レベル、歴史レベル、魂レベル―のすべてに作用します。

 科学の進歩により、有害な感情が病気に影響していることや、感情や意志の力が心身の健康に直接的な影響をもたらしているということがわかってきています。私たちのマインドが身体にどのように作用して理想的な健康を創り出しているのか、それをどうやって働きかけることができるのかということについて、大きな関心が寄せられています。

 シータヒーリングの思考パターンと感覚・感情に関するワークでは、マイナスの感情や考え方を取り除き、プラスで役に立つものに変更します。これによって、心身への深い気づきと癒しが起こり、人生が大きく開けていく人も少なくありません。シータヒーリングを簡単に表現するならば、“人生で達成可能なミラクル”とでも言えるでしょう。

シータヒーリングは“実存する7階層”でも良く知られています。
これは、より高次の愛と“すべてなるもの”のエネルギーとのつながりに関する考え方です。
これにより、誰もが最高の知恵や愛を最もクリアな状態で受け取ることができます。

 シータヒーリングについてもっと詳しく知りたい方は、こちらもご覧ください。

リコネクション

リコネクティブ・ヒーリングとリコネクションの違いは、その目的にあります。 

リコネクティブ・ヒーリングは基本的に、その目的はヒーリングです。リコネクションも同じ周波数を使いますから、その結果としてもちろんヒーリングも起こりますが、その目的は、本来の自分自身を宇宙の豊かさ・完全性に再結合(リコネクト)することです。

 リコネクティブ・ヒーリングによってもある程度の再結合が起こりますが、リコネクションではそれを目的に完全に自分自身を宇宙の完全性に再結合します。リコネクティブ・ヒーリングは何回でも受けることができますが、リコネクションは一生で一回のセッションとなります。

宇宙のグリッドラインとつながるリコネクション

私たちの身体の経絡のラインは、もともとは地球の周りに張り巡らされている格子状のグリッドラインとつながり、それを通して宇宙ともつながっていました。しかしある時、私たちはそのラインから切断されてしまいました。リコネクションにより、その分断されたラインをアクシオトーナルライン(※)にそって再構築することで、私たちの本質が宇宙の完全性と再結合するのです。

 リコネクションでは、リコネクティブ周波数を使い、身体に触れないで、アクシオトーナルラインに沿ってラインを引いていきます。これにより、私たちが再び宇宙の完全性とつながりを持つと「光と情報」がもたらされます。そしてそれにより癒しや進化も始まります。いったん始まるとそのプロセスはずっと続いていきます。変化が続くのです。ですからリコネクションの後で、人生が加速していると感じる方がたくさんいます。そしてあらゆる面でシフトしていきます。

 ですから、このリコネクションは、自分自身の変化・進化、真の意味での成長を望む方、ハイアーセルフとのつながりを強めたい方、自分のさらなる可能性を引き出したい方に最適です。それは、リコネクションによりすべてのレベル(DNA・肉体・精神・魂)においてシフトするからです。シフトすることにより、今までとは比べ物にならないくらい宇宙の完全性からのサポートを受け取り、やるべき事、やりたい事がスムーズにできるようになり、自分の本質を表現して生きることがたやすくなるのです。

 リコネクションは対面で、二日間かけて2回行われます。

 ※アクシオトーナルライン…肉体の経絡に沿った、宇宙意識に接続する目には見えない光のライン 

ヒーリングと全カルマ解除で自分本来のエネルギーを取り戻す

29歳女性


私は、都内在住の29歳女性です。

今回、とても不思議な体験をしたので聞いてください。

私は、現在看護職をしています。

今の職場は、とてもハードで入職当時はやりがいと使命感に燃えていました。

さらには、付き合っている彼氏との結婚が決まり、緊張と喜びが混ざり合っている状況でも「自分ならすべてコナシテいける!」と思っていました。

自分が鬱状態に陥っているとも知らずに・・・。

いつからだったか定かでは無いのですが、とにかく体がだるくて仕方がないことがありました。

仕事の緊張がほぐれてきた頃だったので、「気が抜け出したのかな」くらいにしか思いませんでした。

ただ、やたらと感情を表現するのが面倒くさいと思い出したのもこの頃でした。

でも、彼との生活は楽しく、思い通りの職場で力を試せていて状況は自分の望む通りのものでした。

だから、体の不調を「自分がダラケテいる・もっと頑張らなくっちゃ」と気を張る方向へもっていったのです。

他人との比較も激しくなり、自分が周りからどんな評価なのかが気になって仕方がなかったのです。

そうしてるうちに、徐々に体も心も重くなり、体中に鉛をぶら下げている感じが強くなり、ある日「どうしよう・・」と思ったのを皮切りに、ドンドンネガティブな感情が押し寄せてきました。

毎日が苦痛で他人との意思の疎通は必要最低限になっていきました。

生理も不順で不正出血があり、婦人科で下された診断は“無排卵”。

「子供を望むなら治療をしておいた方が良い・・・」と。

立ち仕事が長いためか腰痛が気になるようにもなりました。

「頭が痛い、なんかすっきりしない・・」辛くて昔からの友人に麻由美さんを紹介してもらいました。 

初めは、半信半疑です。

目に見えるモノしか信用はできないし・・・。

はっきり言えばそんなに期待はせずにヒーリングを受けに行ったのです。

初回は、カウンセリングとヒーリングに全カルマ解除・レイキをしてもらいました。

麻由美さんと話をしたとき「もし、これ以上何かあったら、私本当に死ぬと思います。」と言ったことを覚えています。

それくらい落ち込んでいた私。疑い深くなっていたのに。  

「悩んでいる時は体もかたくなって歪んでいることが多いのよ」と言われ、骨盤矯正から入りました。

体に触られていなかった気がしますが、なぜだか体が揺れました、ユラユラって感じ。

心地いい。その後にスピリチュアル・ヒーリング。ズーンと深く沈み込む・・?感じ。

寝ている時とは違うのですが、体は寝ていて感覚はすごく冴えているみたいな。

そのうち、急に動悸がはじまったと思ったら、泣きたくなって、(随分昔に、そんな泣き方していたなぁ)たくさん泣きました。

気持ち良かった。

そのワーク後、彼から一言、「よく泣いて、キレるようになった」と。

彼にも自分の感情をみせられていなかったのに・・。

感情がとても不安定で、良いことも悪いこともストレートに表現してしまう状況でした。

カルマ解除後には、一時的にそうなることが多いみたいです。

それでも彼は、辛抱強く私に語りかけ、受け入れてくれる。ありがたかった。

(本当に魂レベルでつながっていて欲しいと思います)。

その後、ある日急にすべてのもの・人を許せると思ったのです。本当に急に。理由はありませんでした。

その約1ヵ月後、再度ヒーリングを受けました。

今回は、カウンセリングなのか、ただお話をしているうちに、ネガティブな感情が初めから出てきました。

そうしてワークが進むうちに、自分の本質に気がついたのです。

胸が重く苦しい状態だったのに軽くなり、「笑っていられそうだ」と言葉にしました。

ヒーリングもしてもらい、前回同様不思議な感覚に包まれました。(今はとても身軽ですよ)

皆さんにも、自分の思いを聞いてもらえる人がいると思います。

聞いてもらうだけで心が軽くなることもあるでしょう。

それで十分だと思います。

それは自分の本当に芯の部分を見失わないで人生を歩いていける助けになると思います。

私は自分を見失い、本質を見失っていました。

経験してはじめて苦しいものなんだと実感したのです。

もし、今私と同じ気持ちで、自分がどうしたらいいのか分からなくなってしまったという方がいたら伝えたいと思います。

ゆっくりゆっくり、自分に問いかけてみてください。

本当はどう生きて行きたいのか。本当はどんな自分なのか。

素直になることは、本質に戻ることだと思うのです。

私は、今回幸運なことに、麻由美さんに出会えました。

そして、自分を取り戻す手助けをしていただけました(ありがとうございます)。

もちろん、彼に出会えたこともとても幸運なことでした。今の私は、一人ではありません。

今回恥ずかしながら書き込んだのは、一人でも多くの方にこの(つたない)体験談を読んでいただき、もし同じような悩みを抱えているなら助けてくれる場所があるということを伝えたいと思ったためです。

一人でも多くの人が救われますように・・・。

セラピスト・山田真由美より

初めていらっしゃった時には本当に辛そうで表情も固く笑うこともありませんでした。

ヒーリングの最中はこらえきれないように大泣きされていました。

大きな感情のブロックがはずれ、押さえ込んでいた感情があふれ出てきたのでしょう。

セッションが終わってからは別人のようにニコニコと弾んだ声で話していました。

その後帰ってからはずっと怒っては泣き、感動しては泣き、嬉しくては泣きと泣きっぱなしだったそうです。

ヒーリングの間に入れた全カルマ解除が効いたようです。

2回目は、いろいろな事に怒りを感じていらっしゃったのでそれに関わる人たちの名前を書いてもらい、リーディングをして、「こうすればうまくいくんじゃない?」と提案させていただきました。

カウンセリングをしているうちに怒りも感謝へと変わり、生き生きと前向きにお話しする姿を見て、「あぁ!これが本当のこの方のエネルギーなんだなぁ!いろんな影響でご自分を見失っていたけれど、やっと自分自身のエネルギーを取り戻したんだなぁ!」と実感しました。

ラクに楽しく前進していってくださいね。

 

 

 

 

 

トウリーディング

足指からおもしろいほど「あなた」が分かる!

トウ(足指)から魂の情報を読み解く「トウリーディング」は、アメリカ人セラピストKCミラー氏が生み出した、まったく新しいリーディング&ヒーリング手法です。

 今の人生における生き方・自己表現・行動・人間関係・お金に関することから生まれ持った魂の目的・特質までもが足指に表れていると言ったら、あなたは驚きますか?でも本当にそれらすべてが足指に表れているのです。

 両親のもとにみごもるずっと前から、あなたはすでにこの世での目的のため、偉大なるものの計画に組み込まれていました。誰もが皆、ある聖なる契約をもって生まれたとソウル・コーチであるKCは信じています。

 あなたは、あなた本来の運命の道を歩んでいますか?

あなたは、あなたの人生にはある一定のパターンがあること。そしてなぜかそのパターンを繰り返していることに気づいているかもしれません。その問題を解決するまで、そのレッスンを学ぶまで、そして別の選択をするまで、そのパターンは繰り返されます。

 そのパターンを繰り返さないためには、足指を通しあなた本来の運命の道が何なのかどんなものなのかを理解し、古いパターンを終わらせ、自分本来の魂の道・運命の道を選択することです。

 「人はなぜ行列をつくってまでトウリーディングを受けにくるのでしょう?人はみなエゴではない本当の真の自分、自分の魂を知りたいと思っているのです。単なる手相占いと違って、足指を通してその人の魂が語りかけてくる。これはソウル・スピークなのです。」とKCは語っています。

 足指に表れている古いパターンの生き方、古い心の傷、挫折…それらを癒し解放し、本来の道を歩むためのアファメーションも組み合わせ、セッションは進みます。単なるリーディングではなく、これはヒーリングなのです。そしてそのヒーリングは時に瞬く間に足指の形が変わってしまうほど強力です。

足指に表れた「私の道」

私自身、最初はトウリーディングを単なる手相占いと似ているもの、単に足指に表れているものをリーディングするものと思っていました。

 …が、KCの話を聞きペアワークを何度かするうち、私の足指が大きく変化しました。

 セミナー当初、私の足の親指は外反母趾気味に若干曲がり人差し指にくっついていたのですが、「あなたの足指は、本来はこの親指が真っ直ぐに前に伸びているはず。親指と人差し指の付け根にスペースがあるから。親指と人差し指が離れている人はクイーンまたはプリンセスの足。本来は人にすり寄らず独立独歩。人とは違う独自のアイデアをたくさん持っていてそれを実現させながら生きる人です。」と言われたのです。

 それを聞いて、私は「私は私」「私は他の誰とも違う自分自身の道を行く」と言えない自分がいることに気づきました。まだ自分自身を抑えながら生きていたのですね。それをペアワークで解放してもらうにつれ、私の親指はどんどん真っ直ぐになっていきました。4日間のセミナーが終わるころには、親指は人差し指からかなり離れ真っ直ぐ前を向いていました。

 そして4日間のセミナーを通して、私は私でいいんだ!私は私の道を行く!と心から思え、私自身にかけていた古い制限古い枠組みが外れ、心が本当にのびのびと伸びやかになったのを感じました。

 トウリーディングは、シータヒーリングや他のエネルギーヒーリングとも相性がよく、組み合わせることにより感情解放が早くスムーズになります。トータルヒーリング・セッションで他のヒーリング方法と組み合わせて受けられることをお勧めいたします。みなさまが早く本来の道を見つけ、喜びに満ちあふれながら力強く歩んでいくサポートをさせていただきます。

USPT(潜在意識下のインナーチャイルドの統合)

USPTとは

USPTとはUnification of Subconscious Personalities by Tapping-therapy

「タッピングを用いた潜在意識下人格の統合」の略称です。

USPTとは早稲田通り心のクリニック院長の小栗康平先生が発案した、タッピングにより解離した人格を引出し統合するという手法で、2007年第103回日本精神神経学会で発表されました。

 

当初は解離性同一性障害(いわゆる多重人格と言われるものですね)の治療に使われていました。解離性同一性障害は交代人格が出現している時の記憶がないことが特徴です。

しかしある時、解離性同一性障害ではないが幼少期になんらかの問題を抱えている人に試したところ、多くの交代人格が出現し、それを統合すると、内面的な気づき が促され,さらに,苦痛を伴う過去の感情から自由になることにより患者の気分を即効的に楽にすることができるということが分かったそうです。

そして解離性同一性障害(多重人格)とは別に潜在意識下での人格解離ということで、これを内在性解離と呼ぶことにしたそうです。

 

潜在的な生きづらさをずっと抱えて生きているような人にはこの内在性解離を抱えている人が多いと言われています。

 

人は、特に幼い時に自分では受け止めきれないような辛い苦しい体験や怖い体験をすると、心の中に「もう一人の私」を作り出し、その人格にその時の辛さや苦しさ怖さを背負わせ、それを潜在意識下に封じ込んでしまいます。これがいわゆる「解離」という心理的状態です。その解離し潜在意識化に封じ込まれた人格は、当時の辛さ苦しさ怖さを当時のまま抱えており、その辛さは何十年たっても風化することはありません。

そしてその辛さを呼び覚ますような過去と類似した体験をすると、その辛い感情が一気に吹き出し、自分でもコントロールできなくなってしまうのです。

 

例えば、目の前で起こっている出来事自体はたいしたことでなくても、それを引き金にずっと封じ込めていた感情が揺さぶられ、ドーンッと爆発し自分でもどうにも出来なくなると言った感じです。

 

この「もう一人の私」に背負わせ潜在意識下に抑え込んできた辛い感情が、今実際に生活している自分自身にどれほど大きなマイナスの影響を与えていることか。これが無意識のうちに自分の生活にも人間関係にも、自分の能力を発揮することにも大きな制限をかけ、生き辛さを感じているわけです。

 

過去の辛い体験や経験 (トラウマ)がどうしても忘れられない、ずっと前の事なのに思い出すと涙が止まらない、なんだかいつも不安や寂しさを抱えている場合は、心の中で解離した人格が、当時の辛い感情を発信しているのです。心の中で解離した人格というよりも痛みや傷を抱えたインナーチャイルドと言った方が分かりやすいかもしれません。

 

人の心の中には生まれた時にできる「基本人格」(本当の自分)、受け止めきれないほどの辛さを体験した時にできる「交代人格」、定期的に表に出ている時間が最も長い「主人格」という3つの人格があるとされています。

 

たいがいの人が「自分」と認識しているのは、本当の自分ではなく生き残るために身に付けてきた「自分」です。人が自分の欲求を素直に表現するのは赤ちゃんの時くらいでしょうか。2歳にもなると、こんなことをするとお父さんやお母さんが怒るんだな。嫌な顔をするんだな。と学び始めます。子供は親に受け入れてもらえなければ生きていくことが出来ませんから、親に受け入れてもらえる自分をつくり出します。生き残るために。

そして幼稚園や学校に行けば、親だけでなくお友達や先生に受け入れてもらえる自分。社会へ出れば、上司に同僚に組織に受け入れてもらえる自分をつくり上げていきます。やはり生き残るために。これが主人格と言われるものです。

 

「基本人格」(本当の自分)は生き残るために身に付けてきた主人格の陰に隠れているような状態で、普段は目を向けてもらうこともあまりありません。

 

そして皆に受け入れてもらえる自分をつくり上げるために、自分の苦しさ辛さを「もう一人の私」、「交代人格」の私に押し付け封じ込んでしまう。これが自分の心の中で解離した人格(インナーチャイルド)ですね。

 

その解離した人格(インナーチャイルド)を潜在意識下で統合する手法が「USPT(潜在意識下の人格統合」です。

 

自分では意識していない潜在意識下での人格解離は、実は珍しいことではありません。むしろ全く解離していないと言う人の方が少ないのではないかと思います。

 

よく辛かった時の気持ちを聞かれて、「辛かったと思います。」「悲しかったと思います。」と、自分の気持ちを○○だったと思います。と他人事のように話す人も多いのですが、これも辛い気持ちを解離した人格(インナーチャイルド)に背負ってもらっているので、自分では実感として感じられていない一例です。

この場合、自分の意識では辛さを感じずに済むのですが、その辛さは潜在意識の中でなくなることはなく、何かきっかけがあるごとにその辛さ、悲しみや怒りがあふれ出て来てしまいコントロールできなくなってしまうのです。そしてもう一つ問題なのが、このようにして辛い気持ちを解離した人格に押し付け潜在意識下に押し込めていると、嬉しい楽しいといったポジティブな感情を感じることも難しくなってしまう事です。

どんなに自分ではポジティブな方向へ意識を向けようとしても、辛い気持ちを背負っている解離した人格(インナーチャイルド)がネガティブな方向へ足を引っ張ってしまうのです。

 

心の中で「自問自答」や「脳内会議」を頻繁に行っていることが多いのならば、心の中の「解離した人格」と会話しているのかもしれません。

 

多くのクライアントにこのUSPTを行ってきましたが、幼少期において辛い経験をしてきた人達、親子関係に問題を抱えている人達に特に効果が大きいと感じます。

幼少期においては両親はある意味神のような存在です。両親がありのままの自分を受け入れ認め愛してくれていたのなら問題はないのですが、親が支配的であったり否定的であったり、逆に依存的であったり過度の期待をかけたりということがあると子供は親に受け入れてもらうために自分の本当の気持ち、辛さや苦しさに蓋をし必死に親に受け入れられる自分をつくり上げていきます。でもそのような未熟な親を満足させることは難しいことです。そして親を満足させられない自分に対し大きな罪悪感や怒りを無意識に抱え込んでいくことになります。これがその後何十年に渡る自己否定感や自信のなさにつながっていくのです。

 

私自身、親との問題を抱え、それに向き合い何十年も取り組んできました。何十年も抱え込んでいたものですからそれを解決し抱え込んだ感情を解放するにもそれ相応の時間がかかりました。ずいぶん楽になった部分もありました。

 

でもこのUSPTを教えてもらう課程で私自身もUSPTを体験し、正直に言えば直後は「こんなことで本当に何か変わるの???」と言った感じだったのですが、びっくりするほど大きく変わったのです。最後の最後まで許せなかったものがスルッと許せたのです。これは本当に大きな変化でした。

 

その後も多くのクライアントにこのUSPTを行って来て、私のように親子関係に問題を抱えている人達に大きな効果があることが分かりました。

同じような苦しみを抱えている人達が、このUSPTを通して楽になり本当の自分を取り戻して生きていって欲しいと思います。

 

以下に小栗康平先生の著書「人格解離」から内在性解離があるかどうかのチェックリストを引用します

 

内在性解離評価スケール

よくある=a(3点)、ときどきある=b(2点)、少しある=c(2点)、またくない=d(0点)

1. 記憶があいまいになる

2. 記憶が抜ける

3. その場と関係のない感情、たとえばイライラや不安などが湧いてくる

4. 憂鬱な気分である

5. 死にたいと思う事がある

6. 漠然とした不安感がある

7. イライラ感がある

8. あとで、何であんなに怒ってしまたんだろう、何であんなに泣いてしまったんだろう、と後悔することがある

9. 怒った時には、その場の怒りだけでなく、過去の怒りまで同時に出てくる

10.    悲しい時には、その場の悲しみだけでなく、過去の悲しみまで同時に出てくる

11.    自問自答をしている

12.    脳内会議をしている

13.    決断は容易には出来ない(優柔不断である)

14.    自分の中に別の自分がいる感じがする

15.    自分に話しかける声がする

16.    過去にとらわれやすい

17.    状況によってモードの切り替えをする。たとえば仕事モードなど

18.    苦しみ、悲しみなどは時間が癒してくれない

19.    まわりの世界が自分がいる世界とは距離がある感じがする(リアルに感じない)

20.    自分というもの(性格)がよく分からない

 

0~10点 解離の可能性が低い

11~20点 解離の可能性がある

21~30点 解離の可能性が高い

31~40点 解離の可能性が非常に高い

41点以上 多重人格の可能性が高い

タグ:

自分  変化  感情  効果  本当  解放  問題  潜在意識  インナーチャイルド  体験  気持  意味  出来  ネガティブ  障害  意識  人間関係  時間  仕事  不安  子供  イライラ  経験  自分自身  状態  トラウマ  解離  実感  人間  USPT  クライアント  関係  記憶  治療  影響  状況  タッピング  部分  解決  可能  過去  不安感  方向  存在  両親  自身  罪悪感  性格  内在性解離  人格  出来事  マイナス  特徴  最後  精神  実際  解離性同一性障害  先生  手法  定期的  私自身  自信  生活  可能性  同時  能力  親子関係  統合  認識  世界  潜在意識下  小栗康平  USPT  無意識  人達  他人  神経  正直  インナー  自由  チャイルド  会話  内在性  幼少期  以下  背負  チェック  スルッ  多重人格  期待  内面  親子  後悔  気分  コントロール  依存  人格解離  交代人格  直後  小栗  学校  内在  脳内会議  素直  非常  当時  表現  自己  ポジティブ  普段  友達  以上  一気  リスト  過度  何十年  主人格  苦痛  否定的  基本人格  評価  必死  幼稚園  解離性  満足  社会  漠然  発揮  日本  同僚  早稲田通  当初  小栗康平先生  チェックリスト  自己否定  内面的  距離  潜在的  人格統合  クリニック  モード  著書  主人  即効  出現  制限  リアル  優柔不断  内在性解離評価  スケール  自問自答  支配  ピン  組織  ドーン  心理  決断 

電話番号 千葉県船橋市-千代田区神田,大手町のカウンセリング・ヒーリングサロン【スターシード】お問い合わせ