千葉県船橋市-千代田区神田,大手町のカウンセリング・ヒーリングサロン【スターシード】

ホーム » 罪悪感

罪悪感

ヒプノ・セラピー

前世や幼児期に退行し、問題の根本原因を解消。

ヒプノ・セラピーとは、「退行催眠療法」のこと。
耳慣れない言葉ですけれど、アメリカのブライアン・ワイス博士の『前世療法』という本で一躍有名になりましたよね。(前世という言葉も今ではずいぶん一般的に使われるようになりました。)

 ヒプノの語源はヒプノシス=「催眠」と言う意味です。ヒプノ・セラピーでは、この催眠状態を通じて、潜在意識に直接働きかけていきます。それによって、心の問題・健康の問題・悩み事などの根本原因を、普段は意識することのない潜在意識の中から探り出すのです。

 人は誰でも一日に何度もそれとは気づかず催眠状態へ入っています。たとえば眠りに入る直前、あるいは朝起きてボーっとしているときなど。なんとなく周りの音も聞こえては来るけれど、意識もちゃんとあるのだけれども、なんだか反応するのは面倒で気持ち良いような…、そんな状態が催眠状態です。そして意識せずに入る催眠状態を「自然催眠」と呼びます。

それに対してヒプノ・セラピーでは、セラピストが誘導してイメージで体をリラックスさせ、人工的に自然催眠と同じような状態にもっていきます。これが「人工催眠」です。

でも、これはクライアントの協力があってできること。目を閉じてもらい、セラピストの声に耳を傾け、その言葉通りにイメージを思い浮かべてもらう…そういった協力があってこそ。ですから、クライアントが望まない場合は催眠状態へは入れません。

「催眠時に思うままに操られたりするのではないか」という不安もお聞きしますが、ヒプノ・セラピーでは、クライアントは催眠下でもはっきりした意識を持ち続けます。テレビなどで見る催眠術とは違い、セラピストに思うがままに操られるということは絶対にありません。ですので、安心してセッションを受けていただくことができます。

ヒプノセラピーが有効な場合

ヒプノ・セラピーは様々な問題に効果的に働きます。
たとえば以下のような場合に有効です。

  • 恋の悩み、恋愛における心の不安を緩和
  • 人間関係がうまくいかない
  • なぜか同じような失敗・パターンを繰り返してしまう
  • 結婚したいのになかなか結婚にまで至らない。あるいは結婚が見えてくるとなぜか先に進めないなど
  • 男性・女性とうまくコミュニケーションできない
  • 父親・母親・兄弟などが嫌い、どうしても許せないなど
  • 人前で過度に緊張する、あがってしまう
  • 周囲に対していつも怒りの気持ちがある
  • 自分自身が嫌い・許せない、いつも罪悪感を持っている
  • 神経質過ぎる自分に悩んでいる
  • 将来にとても不安を感じる、常に不安感がある
  • 体調不良
      病気の心的原因を探る
     (医療に代わるものではありません。あくまでも医師の指示に従ってください)
  • どうしても食べ過ぎてしまう。
      あるいは食べることに罪悪感がある   …など

カー・システムと出会って・・・

私とカー・システムとの出会い

私がこのカー・システムを初めて知ったのは、タロットを教えてもらっていた先生からでした。ご自身がカー・システムの全カルマ解除を受けてとても変わった、人のネガティブな気を受けなくなったし人間関係も劇的に変わった、人との境界線もはっきり持てるようになって自分が楽になったともおっしゃっていました。

しかし…私には無理に付き合っている人間関係ももはやなく、人のネガティブな気もあまり受けないタイプ。でも、ちょうどその先生がカー・システムをできるようになるべくワークを受けに行くと言うので、人3倍好奇心が旺盛な私(笑)はお願いしました!やってくださ~い!って。

…結果、私はそれほどの変化を感じませんでした。しかし、やはりその方から全カルマ解除をした人たちがどれほど変化するかを聞いているうちに、また興味が抑えられなくなり、自分もカー・システムを学ぶべくワークを受講。そして、そこで劇的な変化を体験したのです。

カルマ解除で劇的変化!

 私は母親との関係が良くなく、その確執を長年手放すことができずに苦しい思いをしていました(詳しくは「わたしの歩み」をご覧になってください)。それがこのワークの中で自分と母親との双方向からのカルマ解除をしたところ、母親の言動が以前ほど気にならなくなり、親孝行をしよう、感謝しようという気持ちに自然となったのです。これには自分でもびっくりでした。何しろこの思いだけはどんなセッションを受けてもなかなか手放すことができなかったものですから。


そしてさらにこのカー・システムのセッションをするようになって、その方々の変化に驚きました。普通であれば何年かかっても変えられないような特定の人への執着心や不信感が、驚くほど短期間でなくなっていくのです。また他人にNOと言えなかった人が罪悪感を持たずにNOと言う事ができるようになったり、自分が本当に進むべき道を見つけたり…。そしてこれを受けたみなさんが言うことは、「なんだか普通のことが楽しく幸せに感じる」 「特別なことはなくても、日常の様々な場面で幸せを感じることが多くなってきた」と…(詳しくは「お客様の声」をご覧ください)。

これは、今まで過去の後悔や未来への不安などから、心から今この瞬間を楽しむことができなかったのが、それらが解除され“今この瞬間”にいることが出来るようになったのですね。そして不思議なことに、特に心配しなくても絶妙なタイミングで物事が起こり、予定も頭を悩ませなくてもぴったりと決まっていく。何年も会っていない友達にありえないほど偶然に出会い、また良い関係が続くようになる…など、たくさんの変化を耳にするたび、このカー・システムのワークのパワーに私の方が驚かされています。

古い思考パターンや不安や恐れ、何かに対する過剰なまでの反応。これらを手放すのは本当に難しいものですよね。このカー・システム全カルマ解除により、それらを手放し、新しい一歩を踏み出しましょう。あなた本来のエネルギーを取り戻しましょう。あなたが今まで思ってもいなかったようなパワー・可能性に満ち溢れたご自分に出会うかもしれません。

USPT(潜在意識下のインナーチャイルドの統合)

USPTとは

USPTとはUnification of Subconscious Personalities by Tapping-therapy

「タッピングを用いた潜在意識下人格の統合」の略称です。

USPTとは早稲田通り心のクリニック院長の小栗康平先生が発案した、タッピングにより解離した人格を引出し統合するという手法で、2007年第103回日本精神神経学会で発表されました。

 

当初は解離性同一性障害(いわゆる多重人格と言われるものですね)の治療に使われていました。解離性同一性障害は交代人格が出現している時の記憶がないことが特徴です。

しかしある時、解離性同一性障害ではないが幼少期になんらかの問題を抱えている人に試したところ、多くの交代人格が出現し、それを統合すると、内面的な気づき が促され,さらに,苦痛を伴う過去の感情から自由になることにより患者の気分を即効的に楽にすることができるということが分かったそうです。

そして解離性同一性障害(多重人格)とは別に潜在意識下での人格解離ということで、これを内在性解離と呼ぶことにしたそうです。

 

潜在的な生きづらさをずっと抱えて生きているような人にはこの内在性解離を抱えている人が多いと言われています。

 

人は、特に幼い時に自分では受け止めきれないような辛い苦しい体験や怖い体験をすると、心の中に「もう一人の私」を作り出し、その人格にその時の辛さや苦しさ怖さを背負わせ、それを潜在意識下に封じ込んでしまいます。これがいわゆる「解離」という心理的状態です。その解離し潜在意識化に封じ込まれた人格は、当時の辛さ苦しさ怖さを当時のまま抱えており、その辛さは何十年たっても風化することはありません。

そしてその辛さを呼び覚ますような過去と類似した体験をすると、その辛い感情が一気に吹き出し、自分でもコントロールできなくなってしまうのです。

 

例えば、目の前で起こっている出来事自体はたいしたことでなくても、それを引き金にずっと封じ込めていた感情が揺さぶられ、ドーンッと爆発し自分でもどうにも出来なくなると言った感じです。

 

この「もう一人の私」に背負わせ潜在意識下に抑え込んできた辛い感情が、今実際に生活している自分自身にどれほど大きなマイナスの影響を与えていることか。これが無意識のうちに自分の生活にも人間関係にも、自分の能力を発揮することにも大きな制限をかけ、生き辛さを感じているわけです。

 

過去の辛い体験や経験 (トラウマ)がどうしても忘れられない、ずっと前の事なのに思い出すと涙が止まらない、なんだかいつも不安や寂しさを抱えている場合は、心の中で解離した人格が、当時の辛い感情を発信しているのです。心の中で解離した人格というよりも痛みや傷を抱えたインナーチャイルドと言った方が分かりやすいかもしれません。

 

人の心の中には生まれた時にできる「基本人格」(本当の自分)、受け止めきれないほどの辛さを体験した時にできる「交代人格」、定期的に表に出ている時間が最も長い「主人格」という3つの人格があるとされています。

 

たいがいの人が「自分」と認識しているのは、本当の自分ではなく生き残るために身に付けてきた「自分」です。人が自分の欲求を素直に表現するのは赤ちゃんの時くらいでしょうか。2歳にもなると、こんなことをするとお父さんやお母さんが怒るんだな。嫌な顔をするんだな。と学び始めます。子供は親に受け入れてもらえなければ生きていくことが出来ませんから、親に受け入れてもらえる自分をつくり出します。生き残るために。

そして幼稚園や学校に行けば、親だけでなくお友達や先生に受け入れてもらえる自分。社会へ出れば、上司に同僚に組織に受け入れてもらえる自分をつくり上げていきます。やはり生き残るために。これが主人格と言われるものです。

 

「基本人格」(本当の自分)は生き残るために身に付けてきた主人格の陰に隠れているような状態で、普段は目を向けてもらうこともあまりありません。

 

そして皆に受け入れてもらえる自分をつくり上げるために、自分の苦しさ辛さを「もう一人の私」、「交代人格」の私に押し付け封じ込んでしまう。これが自分の心の中で解離した人格(インナーチャイルド)ですね。

 

その解離した人格(インナーチャイルド)を潜在意識下で統合する手法が「USPT(潜在意識下の人格統合」です。

 

自分では意識していない潜在意識下での人格解離は、実は珍しいことではありません。むしろ全く解離していないと言う人の方が少ないのではないかと思います。

 

よく辛かった時の気持ちを聞かれて、「辛かったと思います。」「悲しかったと思います。」と、自分の気持ちを○○だったと思います。と他人事のように話す人も多いのですが、これも辛い気持ちを解離した人格(インナーチャイルド)に背負ってもらっているので、自分では実感として感じられていない一例です。

この場合、自分の意識では辛さを感じずに済むのですが、その辛さは潜在意識の中でなくなることはなく、何かきっかけがあるごとにその辛さ、悲しみや怒りがあふれ出て来てしまいコントロールできなくなってしまうのです。そしてもう一つ問題なのが、このようにして辛い気持ちを解離した人格に押し付け潜在意識下に押し込めていると、嬉しい楽しいといったポジティブな感情を感じることも難しくなってしまう事です。

どんなに自分ではポジティブな方向へ意識を向けようとしても、辛い気持ちを背負っている解離した人格(インナーチャイルド)がネガティブな方向へ足を引っ張ってしまうのです。

 

心の中で「自問自答」や「脳内会議」を頻繁に行っていることが多いのならば、心の中の「解離した人格」と会話しているのかもしれません。

 

多くのクライアントにこのUSPTを行ってきましたが、幼少期において辛い経験をしてきた人達、親子関係に問題を抱えている人達に特に効果が大きいと感じます。

幼少期においては両親はある意味神のような存在です。両親がありのままの自分を受け入れ認め愛してくれていたのなら問題はないのですが、親が支配的であったり否定的であったり、逆に依存的であったり過度の期待をかけたりということがあると子供は親に受け入れてもらうために自分の本当の気持ち、辛さや苦しさに蓋をし必死に親に受け入れられる自分をつくり上げていきます。でもそのような未熟な親を満足させることは難しいことです。そして親を満足させられない自分に対し大きな罪悪感や怒りを無意識に抱え込んでいくことになります。これがその後何十年に渡る自己否定感や自信のなさにつながっていくのです。

 

私自身、親との問題を抱え、それに向き合い何十年も取り組んできました。何十年も抱え込んでいたものですからそれを解決し抱え込んだ感情を解放するにもそれ相応の時間がかかりました。ずいぶん楽になった部分もありました。

 

でもこのUSPTを教えてもらう課程で私自身もUSPTを体験し、正直に言えば直後は「こんなことで本当に何か変わるの???」と言った感じだったのですが、びっくりするほど大きく変わったのです。最後の最後まで許せなかったものがスルッと許せたのです。これは本当に大きな変化でした。

 

その後も多くのクライアントにこのUSPTを行って来て、私のように親子関係に問題を抱えている人達に大きな効果があることが分かりました。

同じような苦しみを抱えている人達が、このUSPTを通して楽になり本当の自分を取り戻して生きていって欲しいと思います。

 

以下に小栗康平先生の著書「人格解離」から内在性解離があるかどうかのチェックリストを引用します

 

内在性解離評価スケール

よくある=a(3点)、ときどきある=b(2点)、少しある=c(2点)、またくない=d(0点)

1. 記憶があいまいになる

2. 記憶が抜ける

3. その場と関係のない感情、たとえばイライラや不安などが湧いてくる

4. 憂鬱な気分である

5. 死にたいと思う事がある

6. 漠然とした不安感がある

7. イライラ感がある

8. あとで、何であんなに怒ってしまたんだろう、何であんなに泣いてしまったんだろう、と後悔することがある

9. 怒った時には、その場の怒りだけでなく、過去の怒りまで同時に出てくる

10.    悲しい時には、その場の悲しみだけでなく、過去の悲しみまで同時に出てくる

11.    自問自答をしている

12.    脳内会議をしている

13.    決断は容易には出来ない(優柔不断である)

14.    自分の中に別の自分がいる感じがする

15.    自分に話しかける声がする

16.    過去にとらわれやすい

17.    状況によってモードの切り替えをする。たとえば仕事モードなど

18.    苦しみ、悲しみなどは時間が癒してくれない

19.    まわりの世界が自分がいる世界とは距離がある感じがする(リアルに感じない)

20.    自分というもの(性格)がよく分からない

 

0~10点 解離の可能性が低い

11~20点 解離の可能性がある

21~30点 解離の可能性が高い

31~40点 解離の可能性が非常に高い

41点以上 多重人格の可能性が高い

タグ:

自分  変化  感情  本当  効果  解放  潜在意識  問題  インナーチャイルド  気持  意味  出来  体験  意識  障害  ネガティブ  人間関係  仕事  状態  子供  不安  経験  イライラ  自分自身  クライアント  時間  トラウマ  人間  実感  解離  USPT  関係  治療  記憶  影響  状況  タッピング  部分  可能  過去  不安感  存在  方向  両親  罪悪感  性格  自身  実際  出来事  内在性解離  人格  マイナス  特徴  解決  最後  解離性同一性障害  先生  私自身  定期的  精神  世界  手法  自信  同時  生活  可能性  親子関係  能力  人達  潜在意識下  統合  小栗康平  認識  無意識  USPT  他人  神経  インナー  正直  コントロール  会話  依存  チャイルド  内在性  幼少期  背負  多重人格  チェック  スルッ  以下  後悔  期待  内面  親子  モード  交代人格  人格解離  気分  自由  内在  直後  素直  学校  小栗  友達  表現  一気  非常  日本  普段  以上  過度  何十年  ポジティブ  リスト  当時  脳内会議  自己  社会  否定的  発揮  評価  基本人格  苦痛  必死  漠然  主人格  幼稚園  満足  小栗康平先生  内面的  自己否定  同僚  早稲田通  当初  チェックリスト  距離  人格統合  潜在的  クリニック  解離性  基本  ドーン  スケール  ピン  優柔不断  即効  出現  内在性解離評価  制限  リアル  主人  組織  心理  支配  決断  著書  自問自答 

電話番号 千葉県船橋市-千代田区神田,大手町のカウンセリング・ヒーリングサロン【スターシード】お問い合わせ