千葉県船橋市-千代田区神田,大手町のカウンセリング・ヒーリングサロン【スターシード】

ホーム » 明確

明確

シータヒーリングを受けてからの私の変化

30代女性

私は5年前から体調を崩し、会社を辞めていろいろな会社に入退社を繰り返していました。

そんな中、父がガンと診断され、余命半年・・・。

何としても助けたいという気持ちで、あらゆる代替医療を取り入れ、父の体調に一喜一憂していました。

そんな日々を送っているうちに、また体調が悪化していきました。

全身全霊での看護で体力も精神的にも緊張の毎日だったからでしょう。

余命半年と言われて、父は3年生きました。

父が亡くなったときから、プツリと緊張の糸が切れたように、もう動けなくなりました。

10ヵ月間、家の中に籠り、ベットから起き上がれない日々が流れました。

どうにかしなくちゃ・・・という気持ちが常にあり、クラクラと今にも倒れそうな感じになりながら、癒しやヒーリングについて興味を持ち始めました。

ちょうど地元にあるヒーラーがいることが分かり、行ってみることにしました。

何か私が生きるためのヒントがあるかもしれない・・・。

ヒーラーを名乗っている以上、 きっと素晴らしい人物であるに違いない。

私の状態を見てもらい、何か得るものがあるはずだ・・・!という思いで。

でも、期待は裏切られました。

ヒーラーというのは、誰でも名乗れるし、人格者であるわけでもないということを知りました。

でも、もっとしっかりしたヒーラーはいると思い、ネットで探し、麻由美先生を見つけました。

麻由美先生のホームページで紹介されているものは、知らないヒーリング法ばかりでしたが、興味を持っていたレイキのアチューンメントもやっているし、前のヒーラーのところよりいろいろ明確なことがホームページに書いてあったので、「この人はいいかもしれない!」と思い、予約を取らせてもらいました。

以前のヒーラーはヒーリング中にガンガン響く大きな声で、自分の家や家庭の無駄話ばかりして、ただでさえ具合の悪い私は耳鳴りがしてしまったのですが、麻由美先生は施術中は一切しゃべらず、必要なことだけ伝えてくれました。

その時は、シータヒーリングをやってもらいました。

施術前はぼんやりして「倒れそうだ」と言われましたが、終わるとシャッキリしていました。

シータヒーリングは家に帰ってからも、ずっと続くとのこと。

そのせいか、しばらく深く物事が考えられず、「さっき何か思ったんだけど、なんだったっけ・・・?まぁ、いいか」という感じでした。

後で考えると、シータで余計な記憶と感情を書き換えたので、前の感情が思い出せなかったのだと思います。

麻由美先生のところへ初めて行った時は、まだレイキのアチューンメントができる状態ではないと前のヒーラーにも言われていて、そのヒーラーには私の状態がアチューンメントできるようになるには、3ヵ月は様子をみたほうがいいと言われていました。

サードまでだと、「最低1年はみてね」とも言われました。

しかし、麻由美先生のところへ行ったら、私の体調と精神状態も良くなってきていることを感じました。

先生に聞いてみると、もうアチューンメントできるとのことなので、予約しました。

でも、何か悪いものにひっぱられるように、アチューンメントする日が近づいてくると体調が悪くなりました。

レイキのアチューンメントを受けたら、私は確実にもっと良くなるという確信がありました。

その反面、私を良くさせまいという何かがまだ私の中にあるのだと感じました。

私は自分は一人で生きていると思っていました。

すべてのことは自分がやったことで、誰の力も借りていないと思っていました。

傲慢だったのです。

今まで生きてきて、私はいろいろな場面で助けがあり、ギリギリのところで何とかなってきました。

それを当たり前に思っていました。でも違ったんです。

私を助けてくれる、保護してくれている、導いてくれている力・・・。

それがなかったら、今ここに生きていることは不可能だったことを知りました。

毎日お仏壇に手を合わせて、今ここにいることを感謝する・・・。

天に私を護ってくれる力が存在する・・・。

何千、何万のご先祖様の命があってその上に私が生まれてきて、良い時代を過ごさせてもらっている・・・。

心が変わってきました。思い返せば父の看護の際、「私の力で絶対治してみせる!!」といつも思っていました。傲慢でした。

そして無事アチューンメントを受けることができました。

いつ受けられるか分からないと思っていたサードまで受けることができました。

アチューンメントの前に、もう一度シータヒーリングをやってもらいました。

私は人に「こうあるべきだ」という気持ちを持ちやすく、それに外れた行動をする人に対して責めてしまうことが多かったのですが、それに麻由美先生が気づき、シータヒーリングをしてもらったら大きく変化しました。

「これでレイキのアチューンメントも大丈夫!」とお墨付きをもらったので、受けることができました。

アチューンメント中、一度あまりに眩しい感覚を感じ、窓に何か反射しているのかな?と思っていました。

アチューンメントが終了して、もう1ヵ月が経ちますが、正直なところ自分にすごいパワーが流れているとか、手がビリビリするとか、そういう体感を得ることはないのですが、地道に続けてみようと思っています。

今、就職活動をしています。

私の心の弱さなどが露出する局面を何度も味わっていますが、それを乗り超えたとき、きっと私はもっと自分が好きになっていると思います。

先生、この度はいろいろとありがとうございました。

セラピスト・山田真由美より

数回のセッションで驚くほど変わりましたよね~!

やはりシータヒーリングで引き抜き書き換えをした上での、レイキ・アチューメントが良かったようですね。

自分の中の傲慢さ。

それに気づいたことが大きな変化につながったのでしょうね。

自分自身がしっかりと認識している感覚・感情は手放しやすいものですからね。

そして人を責める気持ちもとても苦しいものです。

人を責めるということは自分も責めるということにつながりますからね。

シータヒーリングもすごいですが、わずか数回のセッションでそれらに気づくことができたのはすごいことです。

もう必要ないものは手放しご自分の道を真っ直ぐに力強く歩んでいかれますように祈っています。

 

トータルヒーリング・セッション

カウンセリングと今のあなたに必要なメニューを、全てのヒーリングメニューの中からいくつか組み合わせて行うStar Seedオリジナルのセッションです。十分な時間をかけて、今のあなたが必要としている全てのヒーリングを一回のセッションで受けることが出来る、大変お得なセッションです。

 まずカウンセリングによって現在ご自分が抱えている問題をお話ししていただきます。カウンセリングの間にもヒーリングエネルギーは流れていますので、話しながらも徐々に心の負担が軽くなってくるのを感じるでしょう。

 あなたが問題をどうとらえどう感じているのか、それに対してどんな感情を一番強く感じているのか、今までの人生でそれをパターンとして繰り返していないかどうかなどをカウンセリングで明確にしていきます。そしてその問題の原因がどこにあるのかをリーディングまたはチャネリングやカードリーディングにより明らかにしていきます。

 そして原因となっている障害を、その時のあなたの状態に合った様々なヒーリング手法を組み合わせて、解放していきます。

  対応できるヒーリングメニュー

 ※リコネクション、レイキ・アチューメントは含まれません。

カウンセリング講座

「傾聴」を学ぶカウンセリング講座

「傾聴」を学ぶカウンセリング講座

2日間10:00~17:00  受講料40000円

 

カウンセリングの基礎、「傾聴」を学ぶ講座です。

「傾聴」はカウンセリングだけでなく、あらゆるセラピー、コーチングにも絶対的に必要なスキルです。

それだけでなく人とのコミュニケーションにおいても大切なスキルだと私は考えています。

 

「傾聴」とは人の話をただ聞くのではなくて、注意を払って、より深く丁寧に耳を傾けることです。

自分が訊きたいことを訊くのではなく、相手が話したいこと伝えたいことを価値判断することなく、受容的・共感的な態度で真摯に聴くことです。それによって相手への理解を深め、相手も話を聴いてもらうことで自分自身に対する理解を深めることができるため、クライエント自身が納得のできる決断や結論に到達できるようにサポートすることが可能になります。

 

あなたはクライエントさん、お客様の話しを本当の意味で聴いているでしょうか?

あなたはご家族や大切な人の話を本当に聴いているのでしょうか?

 

自分の価値判断と言うフィルターを通して聞いてしまっていませんか?

 

それでは人は心を開いてくれません。

 

人は、自分の話しを本当に聴いてくれる人、そして気持ちを分かってくれる人にこそ心を開き、信頼関係を結ぶことが出来るのです。

 

ついうっかり自分の考えや意見、自分の気持ちを相手に言ってしまっていませんか?

相手が話したい事を十分に話せた。十分に聞いてもらった。気持ちを分かってもらえた。と感じるよりも前にそれをやってしまうと相手はもう話す気がなくなってしまいます。

こいうことってパートナーや親兄弟、子供などにやってしまいがちですよね。

だからこそ身近な関係において「分かってもらえない」という不平や不満が溜まりやすいのです。

もしヒーラーやセラピスト、カウンセラーなどがこれをやってしまっていたとしたら、残念ながらクライエントさんとの信頼関係を構築することは難しいでしょう。

 

「傾聴」とは、ただ何も言わずに聴くのではなく、話す人が安心して話せるような雰囲気で、相手の表情や様子を見ながら適切な相槌をうち、うなずきながら、相手が言った言葉を繰り返したり(伝え返し)、気持ちをくみ取る言葉を伝えながら(感情の反射)、相手の人の表情、視線、姿勢、声の強弱トーン、言葉の内容等などに意識を集中して聴くことです。

 

あなたもクライエントさんとの深い信頼関係をするために、そしてご家族や身近な人達の話しをその人の気持ちをしっかりと受け止めながら聴ける人になりませんか。

「傾聴」は普段の人間関係においても、自分の思い込みではなく、相手を正しく知りより良い関係を築くコミュニケーションスキルの一つです。

 

●話しやすい雰囲気づくり

特に初対面の人と会う時は緊張しますよね。その緊張を解いてもらえるような安心できる雰囲気をつくることはとても大切です。

●あいづち うなづき

あいづちも奥が深く、カウンセラーは同じ「うん」でも7色の「うん」を使い分けます

●伝え返し

相手の言葉を使って伝え返してあげることで、相手はちゃんと聴いてもらえていると感じることが出来ます。

●気持ちをくむ 感情の反射

人が分かって欲しいのは状況だけではなく自分の「気持ち」です。気持ちを現す言葉をきちんと拾うこと。また相手の気持ちをくんで適切な言葉にして伝えることが大切です。

●要約

話しはあちこちへ飛ぶこともありますが、相手が本当に話したい事をしっかりと受け止め要約して伝えることで相手の気づきが深まります。

●質問

自分が訊きたいことを訊くのではありません。相手の状況や気持ちを明確にするために、相手の心に寄り添った質問ができることです。

 

「傾聴」はカウンセリングの基礎であり、そして最も奥深いものでもあります。

あなたも「傾聴」学んで、相手の心に寄り添い本当に相手の気持ちをくみながら相手が自ら自分の問題点に気づき解決していけるようにサポート出来るようになりませんか。

電話番号 千葉県船橋市-千代田区神田,大手町のカウンセリング・ヒーリングサロン【スターシード】お問い合わせ