千葉県船橋市-千代田区神田,大手町のカウンセリング・ヒーリングサロン【スターシード】

ホーム » 日本

日本

前世退行で恋愛において繰り返してしまうパターンの原因を理解

30代女性

私は恋愛において、いつも結婚を考えているのですが、その一歩手前で結婚までいたらないということを繰り返しています。

この原因は何なのか。もしかしたら前世にあるのではないか?と前世退行をお願いすることにしました。

前世に退行してみると、昔の日本。

私は6歳くらいの女の子で、汚い着物を着て道に立っています。

とっても悲しい気持ちです。お母さんが家を出て行ってしまったのです。

お父さんはお酒を飲んでは怒っています。お母さんもいなくなってしまって、私はお父さんと二人。

お父さんがお酒を飲みだすと、怖くて怖くて必死で隠れていました。

時を進め、今度は18歳くらいの私。好きな人ができて、その人と一緒になりたいと思っています。

でもお父さんが怖くて怖くてなかなか言い出せない。

やっとお父さんに言うと、お父さんは「お前がいなくなったら自分の面倒は誰が見るんだ!?」と怒っている。怖い。

結局その人と一緒になることをあきらめて、お父さんと暮らし続けることに。

まったく幸せではありませんでした。

時が過ぎ、お父さんが死んだときに、「自分はいったい何のために生きてきたんだろう。。。」と虚しくなりました。

どうしようもない虚しさです。でも死ぬこともできず、お寺に入り尼僧として一生を終えました。

魂となってこの人生を振り返ると、自分の人生を生きなかったことに対する激しい後悔。

あの時、好きな人と一緒になると決意することもできたはずなのに、恐れに負けてしまった。

「自分の人生を生きる。自分の責任において選択すること。他人を満足させるためではなくて、自分のために選択し生きていくこと。」

それが今の人生を生きる、今生の私への過去世からのメッセージでした。

そして、なんとその時代のお父さんは、今の人生での父親その人だったのです。

この前世退行を終えてから、さまざまな気付きがありました。

まず、今までどんな人を好きになって結婚を考えたとしても、「父が賛成するはずがない。絶対に反対する。」とずっと思ってきたことに気づきました。

そして「結婚しよう!」と決意して進むよりも、いつもいつも結婚できない理由をわざわざ探していました。

自分ではまったく無意識のうちに!

そのことがこの前世退行のあとで、はっきり分かりました。

この前世を体験しなかったら今でも分からなかったことだと思います。

今も結婚を考えている相手がいるのですが、またまたあやうくこの罠にはまってしまうところでした。

今度はどんなに恐れに足を引っ張られようと、父のためではなく自分自身のために一番良い選択をできるようにがんばります。

まだまだ恐れが顔を出すことはありますが、「ここで負けたらまたあの虚しい前世と同じになってしまう」と思うとがんばることができます。

セラピスト・山田真由美より

かなりハッキリした前世が出てきましたね。

これは自分の問題にしっかり焦点が当たっていたからだと思います。

自分の問題が何なのかにはっきり気付いていないまま前世に帰っても、なんだか曖昧な結果に終わることもありますから。

ヒーリングなどで自分の問題点がハッキリして、前世退行を受けるのにちょうどいい時だったのでしょう。

この前世退行によって、ご自分でも理由の分からない大きな恐怖の原因が分かり、納得し、その時の感情を再体験することで、手放すことができ良かったですね。

人生は選択の連続です。

ご自分のとって最適の選択をされて人生を楽しく歩まれていくことを祈っています。

レインドロップ

背中から深い解放をもたらすアロマトリートメント

レインドロップ・トリートメントとは、アメリカのゲリー・ヤング博士が考案したもので、原液のエッセンシャルオイル(精油)を用いて背骨を中心とした背中に対して行うメディカル・アロマテラピートリートメントのことです。

 ヤングリヴィング社の抗ウィルス性&抗微生物性の高い数種類のエッセンシャルオイルを雨だれのように背骨にたらし、羽のように優しいタッチで体内に浸透させていきます。脊椎には人間の身体に害を及ぼすウィルスや微生物が潜んでおり、背骨の湾曲・脊椎のゆがみなどを引き起こすという考え方に基づき開発されたテクニックです。

 エッセンシャルオイルは速やかに皮膚に浸透し、人体組織にいきわたり人間の体にとって不必要なウィルス・微生物を排出。筋肉の緊張を緩める作用もあり、これらの作用により脊椎の歪みを整えます。

 またネガティブな過去の感情(怒り・憤り・悲しみ・後悔・恨み等)やマイナスのカルマも背骨に蓄積されていると言われています。レインドロップ・テクニックにより、これらのネガティブな感情が解放され、心身ともに深いリラクゼーションと意識の変容を味わうことが出来ます。その効果は心身にとどまらず、チャクラやオーラなどのスピリチュアルレベルにまで働きかけます。

 施術中は寝ているのとも起きているのとも違う深い意識状態に入られる方が多く、施術後は全身&背中の軽さを感じ生まれ変わったようなスッキリ感を感じられるようです。

回を重ねるごとに心身のバランスをとり、私たちに本来備わっている自然治癒力を呼び覚まし免疫力をアップしてくれる純粋なエッセンシャルオイルを使った自然療法です。

ゆったりと安心できるセラピールームにて、アロマの香りに包まれながら日頃のストレスを解放し、心身の疲れが癒されていくのを体感してください。

ヤングリヴィング社のエッセンシャルオイル

ヤングリヴィング社は、優れたヒーラーでもありドクターでもあるゲリー・ヤング氏が創設した世界最大規模のエッセンシャルオイルメーカーです。創設者であるゲリー氏が、自らの闘病の過程で出会い、あらん限りの情熱を注いだ結晶が、治療効果を持つ分子を逃さずとらえた、ヤングリヴィング社の最高級のエッセンシャルオイルです。

 植物を栽培する土壌、栽培過程から収穫時期、収穫方法、蒸留方法までを自社で管理し作り上げられる同社のエッセンシャルオイルは、セラピー等級(治療等級)のオイルと呼ばれ、直接塗布することが出来、オイルによっては飲用も可能です。これは日本で雑貨店などで雑貨として販売されているオイルとは全く異なり、一切の化学物質を添加していない純粋なオイルだからこそ可能なことなのです。

 現代でも添加物や増量剤を一切使用しないヤングリヴィング社の純粋なエッセンシャルオイルは、現在知られている中でも最も凝縮された天然抽出物のひとつであり、抗ウィルス性・抗炎症性・抗菌性・ホルモンのバランスなどに優れた即効性を持っています。臨床的には中枢神経に多大な影響を与えることが分かっており、痛みを緩和・除去し、筋肉の緊張をやわらげ、神経を高揚する作用があります。

 この高い抗ウィルス性・抗菌性・消炎性作用を最大限生かしたのがレインドロップ・テクニックであり、背骨の矯正に効果があります。オイルに凝縮された強力な生命力が、私たちが本来備えている自然治癒力を高め、心身を深い解放へと導きます。

ヤングリヴィング社の公式サイト
http://www.youngliving.com/ja_JP

タグ:

ヤングリヴィング  スピリチュアル  カルマ  感情  効果  レインドロップ  チャクラ  解放  アロマ  精油  出来  エッセンシャルオイル  緊張  セラピー  オイル  必要  テクニック  ネガティブ  意識  ヤング  身体  方法  出会  状態  ヒーラー  人間  カー  ストレス  治療  影響  心身  本来  背中  レベル  可能  過去  筋肉  背骨  自然  オーラ  変容  マイナス  安心  レイ  スッキリ  ラク  バランス  リヴィング  強力  アメリカ  世界  飲用  純粋  young  神経  作用  youngliving  開発  施術  living  矯正  出物  免疫力  全身  ゲリー  中枢神経  現在  皮膚  体感  博士  過程  後悔  サイト  療法  生命  一切  アロマテラピー  ウィルス  時期  公式  植物  意識状態  分子  中心  脊椎  多大  微生物  アップ  種類  日頃  日本  スピ  スッ  施術中  物質  リラクゼーション  塗布  yl  www  本来備  凝縮  販売  体内  アロマトリートメント  等級  ホルモン  使用  天然抽出物  メディカル  蓄積  原液  即効性  即効  不必要  免疫  最大  最高  スピリチュアルレベル  抗菌性  自然治癒力  アロマテラピートリートメント  ピリチュアル  施術後  浸透  ja  数種類  組織  ドロップ  緩和 

USPT(潜在意識下のインナーチャイルドの統合)

USPTとは

USPTとはUnification of Subconscious Personalities by Tapping-therapy

「タッピングを用いた潜在意識下人格の統合」の略称です。

USPTとは早稲田通り心のクリニック院長の小栗康平先生が発案した、タッピングにより解離した人格を引出し統合するという手法で、2007年第103回日本精神神経学会で発表されました。

 

当初は解離性同一性障害(いわゆる多重人格と言われるものですね)の治療に使われていました。解離性同一性障害は交代人格が出現している時の記憶がないことが特徴です。

しかしある時、解離性同一性障害ではないが幼少期になんらかの問題を抱えている人に試したところ、多くの交代人格が出現し、それを統合すると、内面的な気づき が促され,さらに,苦痛を伴う過去の感情から自由になることにより患者の気分を即効的に楽にすることができるということが分かったそうです。

そして解離性同一性障害(多重人格)とは別に潜在意識下での人格解離ということで、これを内在性解離と呼ぶことにしたそうです。

 

潜在的な生きづらさをずっと抱えて生きているような人にはこの内在性解離を抱えている人が多いと言われています。

 

人は、特に幼い時に自分では受け止めきれないような辛い苦しい体験や怖い体験をすると、心の中に「もう一人の私」を作り出し、その人格にその時の辛さや苦しさ怖さを背負わせ、それを潜在意識下に封じ込んでしまいます。これがいわゆる「解離」という心理的状態です。その解離し潜在意識化に封じ込まれた人格は、当時の辛さ苦しさ怖さを当時のまま抱えており、その辛さは何十年たっても風化することはありません。

そしてその辛さを呼び覚ますような過去と類似した体験をすると、その辛い感情が一気に吹き出し、自分でもコントロールできなくなってしまうのです。

 

例えば、目の前で起こっている出来事自体はたいしたことでなくても、それを引き金にずっと封じ込めていた感情が揺さぶられ、ドーンッと爆発し自分でもどうにも出来なくなると言った感じです。

 

この「もう一人の私」に背負わせ潜在意識下に抑え込んできた辛い感情が、今実際に生活している自分自身にどれほど大きなマイナスの影響を与えていることか。これが無意識のうちに自分の生活にも人間関係にも、自分の能力を発揮することにも大きな制限をかけ、生き辛さを感じているわけです。

 

過去の辛い体験や経験 (トラウマ)がどうしても忘れられない、ずっと前の事なのに思い出すと涙が止まらない、なんだかいつも不安や寂しさを抱えている場合は、心の中で解離した人格が、当時の辛い感情を発信しているのです。心の中で解離した人格というよりも痛みや傷を抱えたインナーチャイルドと言った方が分かりやすいかもしれません。

 

人の心の中には生まれた時にできる「基本人格」(本当の自分)、受け止めきれないほどの辛さを体験した時にできる「交代人格」、定期的に表に出ている時間が最も長い「主人格」という3つの人格があるとされています。

 

たいがいの人が「自分」と認識しているのは、本当の自分ではなく生き残るために身に付けてきた「自分」です。人が自分の欲求を素直に表現するのは赤ちゃんの時くらいでしょうか。2歳にもなると、こんなことをするとお父さんやお母さんが怒るんだな。嫌な顔をするんだな。と学び始めます。子供は親に受け入れてもらえなければ生きていくことが出来ませんから、親に受け入れてもらえる自分をつくり出します。生き残るために。

そして幼稚園や学校に行けば、親だけでなくお友達や先生に受け入れてもらえる自分。社会へ出れば、上司に同僚に組織に受け入れてもらえる自分をつくり上げていきます。やはり生き残るために。これが主人格と言われるものです。

 

「基本人格」(本当の自分)は生き残るために身に付けてきた主人格の陰に隠れているような状態で、普段は目を向けてもらうこともあまりありません。

 

そして皆に受け入れてもらえる自分をつくり上げるために、自分の苦しさ辛さを「もう一人の私」、「交代人格」の私に押し付け封じ込んでしまう。これが自分の心の中で解離した人格(インナーチャイルド)ですね。

 

その解離した人格(インナーチャイルド)を潜在意識下で統合する手法が「USPT(潜在意識下の人格統合」です。

 

自分では意識していない潜在意識下での人格解離は、実は珍しいことではありません。むしろ全く解離していないと言う人の方が少ないのではないかと思います。

 

よく辛かった時の気持ちを聞かれて、「辛かったと思います。」「悲しかったと思います。」と、自分の気持ちを○○だったと思います。と他人事のように話す人も多いのですが、これも辛い気持ちを解離した人格(インナーチャイルド)に背負ってもらっているので、自分では実感として感じられていない一例です。

この場合、自分の意識では辛さを感じずに済むのですが、その辛さは潜在意識の中でなくなることはなく、何かきっかけがあるごとにその辛さ、悲しみや怒りがあふれ出て来てしまいコントロールできなくなってしまうのです。そしてもう一つ問題なのが、このようにして辛い気持ちを解離した人格に押し付け潜在意識下に押し込めていると、嬉しい楽しいといったポジティブな感情を感じることも難しくなってしまう事です。

どんなに自分ではポジティブな方向へ意識を向けようとしても、辛い気持ちを背負っている解離した人格(インナーチャイルド)がネガティブな方向へ足を引っ張ってしまうのです。

 

心の中で「自問自答」や「脳内会議」を頻繁に行っていることが多いのならば、心の中の「解離した人格」と会話しているのかもしれません。

 

多くのクライアントにこのUSPTを行ってきましたが、幼少期において辛い経験をしてきた人達、親子関係に問題を抱えている人達に特に効果が大きいと感じます。

幼少期においては両親はある意味神のような存在です。両親がありのままの自分を受け入れ認め愛してくれていたのなら問題はないのですが、親が支配的であったり否定的であったり、逆に依存的であったり過度の期待をかけたりということがあると子供は親に受け入れてもらうために自分の本当の気持ち、辛さや苦しさに蓋をし必死に親に受け入れられる自分をつくり上げていきます。でもそのような未熟な親を満足させることは難しいことです。そして親を満足させられない自分に対し大きな罪悪感や怒りを無意識に抱え込んでいくことになります。これがその後何十年に渡る自己否定感や自信のなさにつながっていくのです。

 

私自身、親との問題を抱え、それに向き合い何十年も取り組んできました。何十年も抱え込んでいたものですからそれを解決し抱え込んだ感情を解放するにもそれ相応の時間がかかりました。ずいぶん楽になった部分もありました。

 

でもこのUSPTを教えてもらう課程で私自身もUSPTを体験し、正直に言えば直後は「こんなことで本当に何か変わるの???」と言った感じだったのですが、びっくりするほど大きく変わったのです。最後の最後まで許せなかったものがスルッと許せたのです。これは本当に大きな変化でした。

 

その後も多くのクライアントにこのUSPTを行って来て、私のように親子関係に問題を抱えている人達に大きな効果があることが分かりました。

同じような苦しみを抱えている人達が、このUSPTを通して楽になり本当の自分を取り戻して生きていって欲しいと思います。

 

以下に小栗康平先生の著書「人格解離」から内在性解離があるかどうかのチェックリストを引用します

 

内在性解離評価スケール

よくある=a(3点)、ときどきある=b(2点)、少しある=c(2点)、またくない=d(0点)

1. 記憶があいまいになる

2. 記憶が抜ける

3. その場と関係のない感情、たとえばイライラや不安などが湧いてくる

4. 憂鬱な気分である

5. 死にたいと思う事がある

6. 漠然とした不安感がある

7. イライラ感がある

8. あとで、何であんなに怒ってしまたんだろう、何であんなに泣いてしまったんだろう、と後悔することがある

9. 怒った時には、その場の怒りだけでなく、過去の怒りまで同時に出てくる

10.    悲しい時には、その場の悲しみだけでなく、過去の悲しみまで同時に出てくる

11.    自問自答をしている

12.    脳内会議をしている

13.    決断は容易には出来ない(優柔不断である)

14.    自分の中に別の自分がいる感じがする

15.    自分に話しかける声がする

16.    過去にとらわれやすい

17.    状況によってモードの切り替えをする。たとえば仕事モードなど

18.    苦しみ、悲しみなどは時間が癒してくれない

19.    まわりの世界が自分がいる世界とは距離がある感じがする(リアルに感じない)

20.    自分というもの(性格)がよく分からない

 

0~10点 解離の可能性が低い

11~20点 解離の可能性がある

21~30点 解離の可能性が高い

31~40点 解離の可能性が非常に高い

41点以上 多重人格の可能性が高い

タグ:

自分  変化  感情  効果  本当  解放  問題  潜在意識  インナーチャイルド  体験  気持  意味  出来  ネガティブ  障害  意識  人間関係  時間  仕事  不安  子供  イライラ  経験  自分自身  状態  トラウマ  解離  実感  人間  USPT  クライアント  関係  記憶  治療  影響  状況  タッピング  部分  解決  可能  過去  不安感  方向  存在  両親  自身  罪悪感  性格  内在性解離  人格  出来事  マイナス  特徴  最後  精神  実際  解離性同一性障害  先生  手法  定期的  私自身  自信  生活  可能性  同時  能力  親子関係  統合  認識  世界  潜在意識下  小栗康平  USPT  無意識  人達  他人  神経  正直  インナー  自由  チャイルド  会話  内在性  幼少期  以下  背負  チェック  スルッ  多重人格  期待  内面  親子  後悔  気分  コントロール  依存  人格解離  交代人格  直後  小栗  学校  内在  脳内会議  素直  非常  当時  表現  自己  ポジティブ  普段  友達  以上  一気  リスト  過度  何十年  主人格  苦痛  否定的  基本人格  評価  必死  幼稚園  解離性  満足  社会  漠然  発揮  日本  同僚  早稲田通  当初  小栗康平先生  チェックリスト  自己否定  内面的  距離  潜在的  人格統合  クリニック  モード  著書  主人  即効  出現  制限  リアル  優柔不断  内在性解離評価  スケール  自問自答  支配  ピン  組織  ドーン  心理  決断 

《7月13日(土)〜15日(月祝)10:00~17:30 シータヒーリング応用DNAセミナー》

《11 月2日(土)〜4日(月祝)10:00~17:30 シータヒーリング応用DNAセミナー》

電話番号 千葉県船橋市-千代田区神田,大手町のカウンセリング・ヒーリングサロン【スターシード】お問い合わせ