千葉県船橋市-千代田区神田,大手町のカウンセリング・ヒーリングサロン【スターシード】

ホーム » 人達

人達

その人本来の姿に戻るきっかけを作ってくれるカルマ解除

20代女性

 全カルマ解除を受けてすぐに変化が現れました。

初めの1週間は毎日が変化の連続でした。

その中でも一番印象に残っているのが、いつもと違う行動、言動を自然にしていて、後からいつもとは違う対応をしたと気づくのです。

今まででは考えられないような事を自然としている自分がいるのに気がつきました。

例えば、会社でちょっと苦手な同僚がいて、いつもなら反抗する気にもならないので見て見ぬふりをしていたことを、カルマ解除を受けた後では自分の本当の気持ちを抑えておくことができずに思っていることを言ってしまったのです。

会社の周りの人達は私たちのバトルにちょっとびっくりしてました。

その時は険悪な雰囲気になり自分でも「あー言っちゃった」って感じでしたが、相手も納得してくれて今ではお互いに信頼している同僚にもなれました。

この経験を通して、やはり自分の気持ちに正直になり人からの評価を恐れずに伝えることが一番シンプルであり難しいことであり大切なんだなぁと思いました。

私がカルマ解除を受けていろいろな変化を経験して思うことは、カルマ解除はその人本来の姿に戻るきっかけを作ってくれるセラピーではないかと思いました。

この変化は受けた人にしかわからない、ただ確実に変わっていることは感じられるパワフルなセラピーです。

是非一度ご自分で経験してみることをお薦めします。

クンダリーニレイキ・ヒーリング

クンダリーニレイキは受け手の必要とするところに自然にエネルギーが集まります。

受け手に必要なだけのエネルギーが流れ、ヒーリングが終了します。

他にも・・・

「部屋・家の浄化」

 文字通り部屋や家のネガティブエネルギーを浄化します。

「運命的なつながりのヒーリング」

身近にいる人達との間には、常に運命的なつながり(karmic band)が存在します。

これは時に私たちを圧迫し、肉体やエネルギーにネガティブな影響をもたらします。

このつながりをヒーリングすると、お互いの関係が改善されより強いものになります。

「状況・性質のヒーリング」

状況や個人的な性質や性格を癒します。

現在抱えている問題や、ネガティブな性質・性格を改善します。

「ダイヤモンドレイキ」

潜在的で解決割れていない問題がなくなるまで、すべてのものを輝かせ癒す強力なエネルギーです。

「クリスタリンレイキ」

人生で体験したトラウマ、痛みや感情の記憶を浄化し癒します。

「DNAレイキ」

 ネガティブな遺伝的問題に効果的。

「バーストラウマレイキ」

もっとも過酷なトラウマは、通常、生まれてくるプロセスによるものです。

このトラウマを穏やかに解放します。

「ロケーションレイキ」

人間同士のつながりと同じように、人と場所にもまたつながりが存在します。

これらもときに私たちを圧迫し、肉体的健康にも影響を及ぼす場合もあります。

このヒーリングによってそのつながりを改善します。

「パストライフレイキ」

 あなたが前世から抱え持っているブロックを癒すエネルギーです。

「バランス」

30秒で特定のハンドポジションにより、身体のすべてのエネルギーバランスをとることができます。

ソウルメイト・セミナー

真のソウルメイトを引き寄せ、より良い関係を築いていくために

【受講料】 1DAYセミナー:¥21,000/2DAYセミナー:¥50,000
【受講資格】 1DAYセミナー:どなたでもご参加いただけます。
2DAYセミナー:基礎DNAセミナーを修了された方

ソウルメイト――大きな意味で言えば、私たちが人生で出会うすべての人が、何らかの学びを共有するソウルメイトです。ですが、このソウルメイトセミナーでは、魂の結びつきが深い人生の伴侶・パートナーを意味しています。

ソウルメイトを見つけ結婚、あるいは一緒に過ごしていたとしても、おとぎ話のように「それから二人は幸せに暮らしました、お終い!」…とはならないということも、みなさんご存知ですよね。そう、実際の生活にはその続きがあります。

好きで一緒になった相手、でもどうしてもうまくいかない部分もあるのが普通です。

問題が大きくても小さくても、全く問題がないカップルというものもありません。

ソウルメイトとして学び合っているのです。

このソウルメイトセミナーをどのように捉えるかもインストラクター次第なのですが(…どのセミナーも言えることですが、インストラクター、つまり教える側がどう認識・理解しているかもとても大切です)、私はこのセミナーを単に理想のソウルメイトを引き寄せるだけではなく、引き寄せた相手とより良い関係性を結んでいくためのセミナーととらえています。

白馬の王子様を引き寄せるソウルメイトセミナーではなく、今現在縁あってそばにいるソウルメイトとどうより良い関係性を築いていくのか。そのヒントがたくさん見つかるセミナーです。

カリキュラムの抜粋
  • ソウルメイトとは
  • 自分のソウルメイトを見つける
  • 相性の良いソウルメイトを呼び寄せる
  • 過去からのエネルギー的分離・離婚
  • 魂の統合
  • 単婚の遺伝子
  • DNAとセックス
  • マニフェステーション
1DAYセミナー

1DAYセミナーはシータヒーリングが初めての方でも参加できるクラスで、1日(7時間)で行うセミナーです。ソウルメイトについての理解を深め、相性の良いソウルメイトを引き寄せるための演習を実施します。

2DAYセミナー

2DAYセミナーはシータヒーリングの基礎DNAセミナーを修了した方が対象です。2日間に渡って開催され、1日目は1DAYセミナーと同じ内容を、2日目にはシータヒーリングのペアワークを通じてソウルメイト引き寄せに役立つクリアリングを行います。

ソウルメイトセミナーを受けて

私はソウルメイトとして縁あって出会ったとしても、また結婚していたとしても、その縁をどう紡いでいくのかは当人次第だと思います。そう、縁は紡いでいくことが大切なのですね。

ヴァイアナがソウルメイトセミナーで言った感慨深い一言がありました。「たとえもう何年も結婚していたとしても、その相手、ソウルメイトを自分の人生に迎え入れていない人がどれほどたくさんいることか」と。

私自身パートナーがいますが、この一言から気づくことがたくさんありました。そしてたくさんのクリアリングをしました。もともとぶつかることもあまりなく相性のいいソウルメイトだったのですが、二人の関係性がより深まったように感じました。

最初は、どうせ白馬の王子様を探すってセミナーでしょう!?ソウルメイトってそんなものじゃないのになぁ…なんて感じであまり期待せずに受講したのですが、これが想定外に深かった…!そして私は思いました。このセミナーはこれからパートナーを求める人達だけではなく、もうすでにパートナーと一緒にいる人達のために必要なセミナーなのではないかと。

またヴァイアナはこうも言っていました。「あなたたちのほとんどは、このセミナーの後で今一緒にいるパートナーとより良い関係が結べる」と。

結局、ソウルメイトを愛することは自分を愛すること。ソウルメイトをありのままに受け入れることは自分自身をありのままに受け入れること。難しいことですが、それがソウルメイト・パートナーとより良い関係性を結ぶために一番大切なことなのですね。

今いるパートナーとの関係をより良くしたい、もっと絆を深めたいと考えている人たちには特に、ぜひぜひ受講していただきたいと思います。

※闘病中の方、妊娠中の方は事前にご相談ください。
※セミナー受講後、Thetahealing Japan から修了証書が授与されます。また、シータヒーリング認定プラクティショナーとして活動することが可能になります。

シータヒーリング実践会/今ここに生きるといううえで大切な事を教えていただきました

女性

今日参加させていただき、また一歩感じやすくなったと思います。

グラウンディング、丹田にエネルギーが流れ、安心感みたいなゆるぎない自分を感じることが出来ました

グラウンディングとはこういうことなんだという感覚が分かりました。

思考をOFFにして体の感覚に意識を向けることをこれからも練習していきたいと思っています。

今日はシータヒーリングの実践会でしたがシータだけじゃなく、今ここに生きると言ううえでも他のヒーリングやボディワークの仕事をする人達にもとても大切な事を教えていただきましたシータヒーリングもタイミングがきたら学びたいと思います。

ありがとうございました。

USPT(潜在意識下のインナーチャイルドの統合)

USPTとは

USPTとはUnification of Subconscious Personalities by Tapping-therapy

「タッピングを用いた潜在意識下人格の統合」の略称です。

USPTとは早稲田通り心のクリニック院長の小栗康平先生が発案した、タッピングにより解離した人格を引出し統合するという手法で、2007年第103回日本精神神経学会で発表されました。

 

当初は解離性同一性障害(いわゆる多重人格と言われるものですね)の治療に使われていました。解離性同一性障害は交代人格が出現している時の記憶がないことが特徴です。

しかしある時、解離性同一性障害ではないが幼少期になんらかの問題を抱えている人に試したところ、多くの交代人格が出現し、それを統合すると、内面的な気づき が促され,さらに,苦痛を伴う過去の感情から自由になることにより患者の気分を即効的に楽にすることができるということが分かったそうです。

そして解離性同一性障害(多重人格)とは別に潜在意識下での人格解離ということで、これを内在性解離と呼ぶことにしたそうです。

 

潜在的な生きづらさをずっと抱えて生きているような人にはこの内在性解離を抱えている人が多いと言われています。

 

人は、特に幼い時に自分では受け止めきれないような辛い苦しい体験や怖い体験をすると、心の中に「もう一人の私」を作り出し、その人格にその時の辛さや苦しさ怖さを背負わせ、それを潜在意識下に封じ込んでしまいます。これがいわゆる「解離」という心理的状態です。その解離し潜在意識化に封じ込まれた人格は、当時の辛さ苦しさ怖さを当時のまま抱えており、その辛さは何十年たっても風化することはありません。

そしてその辛さを呼び覚ますような過去と類似した体験をすると、その辛い感情が一気に吹き出し、自分でもコントロールできなくなってしまうのです。

 

例えば、目の前で起こっている出来事自体はたいしたことでなくても、それを引き金にずっと封じ込めていた感情が揺さぶられ、ドーンッと爆発し自分でもどうにも出来なくなると言った感じです。

 

この「もう一人の私」に背負わせ潜在意識下に抑え込んできた辛い感情が、今実際に生活している自分自身にどれほど大きなマイナスの影響を与えていることか。これが無意識のうちに自分の生活にも人間関係にも、自分の能力を発揮することにも大きな制限をかけ、生き辛さを感じているわけです。

 

過去の辛い体験や経験 (トラウマ)がどうしても忘れられない、ずっと前の事なのに思い出すと涙が止まらない、なんだかいつも不安や寂しさを抱えている場合は、心の中で解離した人格が、当時の辛い感情を発信しているのです。心の中で解離した人格というよりも痛みや傷を抱えたインナーチャイルドと言った方が分かりやすいかもしれません。

 

人の心の中には生まれた時にできる「基本人格」(本当の自分)、受け止めきれないほどの辛さを体験した時にできる「交代人格」、定期的に表に出ている時間が最も長い「主人格」という3つの人格があるとされています。

 

たいがいの人が「自分」と認識しているのは、本当の自分ではなく生き残るために身に付けてきた「自分」です。人が自分の欲求を素直に表現するのは赤ちゃんの時くらいでしょうか。2歳にもなると、こんなことをするとお父さんやお母さんが怒るんだな。嫌な顔をするんだな。と学び始めます。子供は親に受け入れてもらえなければ生きていくことが出来ませんから、親に受け入れてもらえる自分をつくり出します。生き残るために。

そして幼稚園や学校に行けば、親だけでなくお友達や先生に受け入れてもらえる自分。社会へ出れば、上司に同僚に組織に受け入れてもらえる自分をつくり上げていきます。やはり生き残るために。これが主人格と言われるものです。

 

「基本人格」(本当の自分)は生き残るために身に付けてきた主人格の陰に隠れているような状態で、普段は目を向けてもらうこともあまりありません。

 

そして皆に受け入れてもらえる自分をつくり上げるために、自分の苦しさ辛さを「もう一人の私」、「交代人格」の私に押し付け封じ込んでしまう。これが自分の心の中で解離した人格(インナーチャイルド)ですね。

 

その解離した人格(インナーチャイルド)を潜在意識下で統合する手法が「USPT(潜在意識下の人格統合」です。

 

自分では意識していない潜在意識下での人格解離は、実は珍しいことではありません。むしろ全く解離していないと言う人の方が少ないのではないかと思います。

 

よく辛かった時の気持ちを聞かれて、「辛かったと思います。」「悲しかったと思います。」と、自分の気持ちを○○だったと思います。と他人事のように話す人も多いのですが、これも辛い気持ちを解離した人格(インナーチャイルド)に背負ってもらっているので、自分では実感として感じられていない一例です。

この場合、自分の意識では辛さを感じずに済むのですが、その辛さは潜在意識の中でなくなることはなく、何かきっかけがあるごとにその辛さ、悲しみや怒りがあふれ出て来てしまいコントロールできなくなってしまうのです。そしてもう一つ問題なのが、このようにして辛い気持ちを解離した人格に押し付け潜在意識下に押し込めていると、嬉しい楽しいといったポジティブな感情を感じることも難しくなってしまう事です。

どんなに自分ではポジティブな方向へ意識を向けようとしても、辛い気持ちを背負っている解離した人格(インナーチャイルド)がネガティブな方向へ足を引っ張ってしまうのです。

 

心の中で「自問自答」や「脳内会議」を頻繁に行っていることが多いのならば、心の中の「解離した人格」と会話しているのかもしれません。

 

多くのクライアントにこのUSPTを行ってきましたが、幼少期において辛い経験をしてきた人達、親子関係に問題を抱えている人達に特に効果が大きいと感じます。

幼少期においては両親はある意味神のような存在です。両親がありのままの自分を受け入れ認め愛してくれていたのなら問題はないのですが、親が支配的であったり否定的であったり、逆に依存的であったり過度の期待をかけたりということがあると子供は親に受け入れてもらうために自分の本当の気持ち、辛さや苦しさに蓋をし必死に親に受け入れられる自分をつくり上げていきます。でもそのような未熟な親を満足させることは難しいことです。そして親を満足させられない自分に対し大きな罪悪感や怒りを無意識に抱え込んでいくことになります。これがその後何十年に渡る自己否定感や自信のなさにつながっていくのです。

 

私自身、親との問題を抱え、それに向き合い何十年も取り組んできました。何十年も抱え込んでいたものですからそれを解決し抱え込んだ感情を解放するにもそれ相応の時間がかかりました。ずいぶん楽になった部分もありました。

 

でもこのUSPTを教えてもらう課程で私自身もUSPTを体験し、正直に言えば直後は「こんなことで本当に何か変わるの???」と言った感じだったのですが、びっくりするほど大きく変わったのです。最後の最後まで許せなかったものがスルッと許せたのです。これは本当に大きな変化でした。

 

その後も多くのクライアントにこのUSPTを行って来て、私のように親子関係に問題を抱えている人達に大きな効果があることが分かりました。

同じような苦しみを抱えている人達が、このUSPTを通して楽になり本当の自分を取り戻して生きていって欲しいと思います。

 

以下に小栗康平先生の著書「人格解離」から内在性解離があるかどうかのチェックリストを引用します

 

内在性解離評価スケール

よくある=a(3点)、ときどきある=b(2点)、少しある=c(2点)、またくない=d(0点)

1. 記憶があいまいになる

2. 記憶が抜ける

3. その場と関係のない感情、たとえばイライラや不安などが湧いてくる

4. 憂鬱な気分である

5. 死にたいと思う事がある

6. 漠然とした不安感がある

7. イライラ感がある

8. あとで、何であんなに怒ってしまたんだろう、何であんなに泣いてしまったんだろう、と後悔することがある

9. 怒った時には、その場の怒りだけでなく、過去の怒りまで同時に出てくる

10.    悲しい時には、その場の悲しみだけでなく、過去の悲しみまで同時に出てくる

11.    自問自答をしている

12.    脳内会議をしている

13.    決断は容易には出来ない(優柔不断である)

14.    自分の中に別の自分がいる感じがする

15.    自分に話しかける声がする

16.    過去にとらわれやすい

17.    状況によってモードの切り替えをする。たとえば仕事モードなど

18.    苦しみ、悲しみなどは時間が癒してくれない

19.    まわりの世界が自分がいる世界とは距離がある感じがする(リアルに感じない)

20.    自分というもの(性格)がよく分からない

 

0~10点 解離の可能性が低い

11~20点 解離の可能性がある

21~30点 解離の可能性が高い

31~40点 解離の可能性が非常に高い

41点以上 多重人格の可能性が高い

タグ:

自分  変化  感情  本当  効果  解放  問題  潜在意識  インナーチャイルド  気持  意味  体験  障害  ネガティブ  意識  出来  人間関係  仕事  子供  不安  イライラ  自分自身  状態  時間  トラウマ  解離  人間  クライアント  USPT  関係  治療  記憶  影響  経験  状況  タッピング  部分  実感  可能  過去  不安感  存在  方向  自身  性格  人格  罪悪感  両親  マイナス  出来事  内在性解離  特徴  解決  最後  解離性同一性障害  精神  先生  手法  定期的  自信  実際  能力  私自身  生活  可能性  同時  親子関係  統合  小栗康平  認識  潜在意識下  他人  無意識  USPT  人達  神経  インナー  世界  正直  会話  チャイルド  内在性  チェック  以下  背負  幼少期  多重人格  スルッ  後悔  期待  親子  コントロール  内面  依存  気分  交代人格  自由  人格解離  素直  小栗  学校  直後  脳内会議  内在  ポジティブ  過度  友達  何十年  以上  普段  一気  非常  当時  リスト  表現  自己  主人格  否定的  漠然  満足  評価  発揮  社会  苦痛  解離性  必死  幼稚園  基本人格  早稲田通  日本  小栗康平先生  同僚  人格統合  内面的  当初  距離  チェックリスト  潜在的  クリニック  自己否定  著書  優柔不断  自問自答  即効  出現  制限  内在性解離評価  主人  モード  スケール  ドーン  リアル  心理  ピン  支配  決断  組織  基本 

ヒーリングモードセミナー

全てのヒーリングに共通する根幹 ヒーリングモード・セミナー

【受講料】1日間18,000円

【参加資格】どなたでもご参加いただけます。

 

そもそもヒーリングって何なのか。

どういう時にヒーリングが起こるのか。

 

様々なヒーリング・テクニックを教えてくれるところはたくさんありますが、ここを教えてくれるところはあまりありません。

でも長年ヒーリングをしてきた経験から、テクニックよりも何よりもここが最も大切な所だと感じています。

 

テクニックやモダリティを超えて、すべてのヒーリングに共通するヒーリングの根幹。

そこをお伝えしたくて始めたのがヒーリングモード・セミナー。

 

テクニックではないので学んですぐできるという訳ではないかもしれません。

でも知っておくという事はヒーリングをする人にとっても受ける人にとってもとても重要なこと。

 

テクニックを教えるようなセミナー、例えばシータヒーリングのセミナーであれば、シータヒーリングのモダリティという枠の中で教えなければならないので、なかなかこの最も大切な部分をお伝えできず。

(それでも出来るだけ伝えようとしますが、これだけで丸一日かかるので全て伝える時間がないのです。)

 

でもこのヒーリングモード・セミナーでは、長年ヒーリングについて学び個人セッションを積み上げていった経験から、体験的に学んだこと、理解したこと、ヒーリングに対する認識などなど…

私の知識、認識、理解の全てを余すところなくお伝えすることが出来るので、出来ればたくさんの人にお伝えしたいなと思っています。

 

ただテクニックではないので華やかさはありません。

どちらかというと地味です(笑)。

テクニックではなくヒーリングをする上での「存在の在り方」についてなので。

 

でもね、それをきちんと受け取ってくれる方々がポツポツ集まってくださって本当にありがたいなぁと思っています。

 

出来ればどんなテクニックを学ぶよりもまずこれを知っておいてほしいし、これを知っていれば学んだテクニックもやっときちんと使えるようになると思うんですよね!

 

それにスピリチュアルとかヒーリングという言葉は広がったけれど、それをどうきちんととらえているかというと何となくあいまいだったりするでしょ。

そこもちゃんとお伝えしつつのヒーリングモード・セミナーでした。

 

ヒーリングが起こるスイッチがどこにあるのか、ヒーリングをする上でどんな在り方を目指していったらいいのか。

目には見えないけれど、人と人がエネルギーレベルでどれほど影響しあっているか、だからこそどういう在り方で相手に相対すればいいのか。

 

自分がクライアントに対してどんな認識を持つかが、どれほどクライアントに影響を与えてしまうか。

 

パワーでやるヒーリングと委ねるヒーリングの違い。

 

ヒーリングの危険性、ヒーリング被害についてもお伝えしました。

(昨今、このヒーリング被害を受けたクライアントさんも増えているので、被害を与えないためにも受けないためにも)

光りも闇もパワフルな効果をもたらすということも、そしてヒーリングをする方にも受ける方にとっても最も安全なつながり方も。

 

地味ではありますが、全ての根幹に当たる所なので、皆さんが他で学んだ知識ともつながり深く納得していただけると良かったなぁと思います。

 

やっぱり教えることが好きなんだな。

そして今私が最も教えたいと思っているのが、このヒーリングモードとカウンセリングです。

 

ここ数年でセラピストやヒーラーという人達の数は増えましたが、もっとその質を高めていくことが必要だと思います。

 

ヒーリングには大きな可能性があります。

でも全体としての質が上がっていかないと社会的には認知されません。

 

この2つをお伝えすることで、心ある資質のあるセラピスト&ヒーラーが育っていったくれたらいいなと思っています。

電話番号 千葉県船橋市-千代田区神田,大手町のカウンセリング・ヒーリングサロン【スターシード】お問い合わせ